ヘアケアのつもりが・・・ 朝やってはいけないNGケア方法とは

朝のヘアケアは時間が限られています。時間短縮と思ってやっていたことが実は髪にとってはNGだったということも意外と多いものです。今回は朝にやってはいけないNGなヘアケアを紹介します。

朝のヘアケアにシャンプーはNG

朝にキレイにシャンプーして一日を快適に過ごしたいと思う人も多いですが、実は朝のヘアケアにシャンプーはあまりよくありません。

朝の時間のない時にあわててシャンプーを行うことによって洗い残しやすすぎ残しが発生したり、きちんとドライができないまま出かけることになってしまったりということになりかねません。そうすると頭皮に雑菌が発生したり、トラブルが起きたりしてしまいます。

抜け毛の増加の原因が朝の不十分な朝シャンだった、というケースも多いです。

シャンプーは夜に行い朝は湯シャンに

それでも寝汗をかくことが気になったり、寝ぐせを直すために髪の毛を洗いたいという場合もあるでしょう。その際には夜にきちんとシャンプーした上で、朝には湯シャンをするのがおすすめです。

湯シャンでも汚れはきちんと落とすことができますし、洗いすぎによるシャンプーからのダメージを防ぐこともできます。シャンプーは夜行う方が効果的です。前日の汚れをリセットでき、清潔な状態で眠れます。

眠っている間に髪の毛が成長しますので、その時間は頭皮をよい状態にしておきたいものです。

濡れたままのアイロンはダメージの原因に

朝の忙しい時には、髪を濡らしてすぐにカーラーやアイロンを使ってしまうという人もいるかもしれませんが、これもNGです。髪が濡れている状態で直接熱を加えると、キューティクルが開いた状態で水分を奪ってしまうことになるのでダメージの原因になります。

髪の毛を濡らして寝ぐせを直した後はきちんとブローして整えて完全に乾かします。その後必要であればアイロンやカーラーを使用しましょう。専用のローションなどで髪を保護するのもおすすめです。

スタイリングにスプレーの多用は乾燥を招く

朝のブローでは寝ぐせ直しのスプレーやスタイリングスプレー、スタイルキープ用のスプレーなど多数のスプレーを使うことがありますが、スプレー類の使いすぎにも注意が必要です。スプレー式の整髪料にはアルコールが入っていて、使いすぎると髪の毛を乾燥させてしまうものもあります。

また、多量のスタイルキープスプレーはシャンプーで落とす際にダメージの元になります。スプレー式の整髪料は手軽ですが、使用量には注意しましょう。

朝の忙しい時には時間を短縮することばかり考えがちですが、急ぐばかりで髪の毛を傷めてしまわないように注意してケアやスタイリングを行いましょう。