ヘアケアしないズボラ女子必見!手早く簡単な方法で髪を乾かす方法

最近、美容や健康を全く気にしない「ズボラ女子」が増えています。若い頃は良いのですが、年齢を重ねると「あの頃、ヘアケアしておけば良かった」なんて言うようになるんですよ。そこで、ズボラ女子でも手早く簡単に髪を乾かす方法をいくつかご紹介します。

髪を乾かす

そもそもなぜ髪を乾かすことがヘアケアにつながるのか。髪は「キューティクル」によって潤いが保たれています。しかし、このキューティクルは湿気が多いと開いてしまう性質があり、髪のバリア機能を維持できなくなります。

ドライヤー使えば良いのでは?

キューティクルは熱にも弱いという性質があるので、ドライヤーでガンガン乾かすと髪の水分が急激に失われてしまいます。そこで、「ドライヤーをあまり使わない」ことと「ドライヤーを使う前にできるだけ髪を早く乾かす」ことにスポットを当てた方法をご紹介します。

洗面所から離れる

当たり前のことですが、風呂場と洗面所は湯気で湿気が高くなり、ドライヤーを使ってもなかなか髪を乾かすことができません。なるべく早くリビングや寝室に向かいましょう。

キッチンペーパーを使う

髪の水分をある程度タオルで拭き取ったら、キッチンペーパーで髪の水分をさらに拭き取ります。水分を吸収しやすいキッチンペーパーなら、かなり短時間で髪の水分を拭き取ることができます。

コストパフォーマンスを重視したいならティッシュペーパーでも構いませんが、キッチンペーパーよりも破れやすいことと、髪が長い人にはキッチンペーパーの方が向いていることを念頭に置いてください。タオルで可能な限りの水分をとっておかないと何枚も使うことになる点も注意です。

市販のアイテムを使う

髪を乾かすアイテムの中でも、吸収性に優れたマイクロファイバー製の商品は速乾性に優れています。ターバンなどのマイクロファイバー製の商品が販売されていますので、興味があれば購入してみてください。

髪を小分けにして乾かす

ヘアクリップなどで髪をある程度小分けにし、それぞれのブロックごとに髪を乾かし、乾いたら次のブロックへと移動します。髪全体を乾かそうとするよりも結果的に早く髪を乾かすことができます。

タオルを挟んでドライヤーをかける

小分けが面倒だと思う人は、ドライヤーを直接髪にかけるのではなく、間にタオルを挟んでドライヤーをかけます。髪の水分を吸収したタオルがドライヤーの熱風で乾き、さながらサウナのような状態になります。髪に直接熱風が当たらないので髪へのダメージも最小限に抑えることができます。

面倒くさがりなズボラ女子でも、短い時間でできるならばやってみる価値はあるはずです。きちんと髪を乾かすことでヘアケアができますので、面倒くさがらずに実践してみてください。