前髪を伸ばしたい、そのための方法!これってホント、それともウソ?

「前髪を早く伸ばしたい」と考える人は多いでしょう。特に前髪を切りすぎて失敗した時など、そう思いますよね。ここでは「こうしたら前髪が早く伸びるかもしれない」という方法と、それの真偽を考えていきましょう。

前髪を伸ばせる方法、あれやこれ。ウソ、ほんと?

その1:睡眠時間を十分に確保する

本当。人間の成長ホルモンは寝ている時に出ます。現在では否定する論調もありますが、基本的には、22:00~2:00までのゴールデンタイムに十分な睡眠時間をとると良いとされています。

その2:海藻などを積極的に食べる

△。海藻には、髪の毛を伸ばす効果自体はありません。ただ、海藻に含まれる成分は髪の発育に効果があると言われているので、摂取することによって髪の毛を健康にすることはできそうです。

その3:冷水で髪の毛を洗う

△。これには賛否両論があります。「頭皮が引き締まって良い。」とする説もある一方で、「髪の毛の汚れが落ちにくくなる」と異論を唱える人も。どちらかというと、後者の方が優勢かもしれません。

その4:日光を浴びる

×。「引きこもっていると成長に悪い」ということからきた説だと思うのですが、髪の毛は紫外線によってダメージを受けます。抜けやすくなることはあっても、これによって髪の毛が伸びるという科学的根拠はありません。

前髪を伸ばすのは、一朝一夕ではならず

上記で挙げた例を見ていくと分かるのですが、前髪を劇的に伸ばす方法というのは原則ありません。どのような方法をとったとしても、結局のところ、「なんとなく伸びやすいかも」という程度にとどまることがほとんどです。

これは、世の中に出回っている育毛剤などでも同じです。育毛剤の効果が出るのは最短でも2週間、最長では半年後と言われおり、「今日つけて、明日伸びる」というものではないのです。

このため「前髪を伸ばしたい」と考える人にとっては、即効性のない解決策ばかりであり、物足りなく感じるかもしれません。しかしこれが現実なのです。

「とにかく前髪を伸ばして、前髪の失敗を隠したい」という人の場合、「前髪を伸ばすこと」に焦点をあてるのではなく、「どのようにしたら隠せるか」ということに焦点をあてる方が良いでしょう。

例えばピンを利用したり、三つ編みにしたりするなどの方法が有効です。ウィッグなどを使うのも、解決策の1つです。