実は日本人の半分がそうだった!「髪の片側」ばかりがハネる理由

あなたの髪はどちら側にクセがつきやすいですか?片方はいつもきれいな内巻きなのに、なぜかいつも右側だけクセがついてしまう…という人はいませんか?

実は日本人の約半分以上の人が「髪の右側にクセがつきやすい」のです。 その理由は、一体何なのでしょうか。

右側がはねる原因は「つむじ」

この髪の片方だけにクセがついてしまう原因は「つむじ」にあります。 日本人のつむじの約60%もの人が「右巻き」になっているというのです。

髪の毛は、頭頂部は前向きに生え、それ以外の部分は下向きに生えています。つむじから毛の流れが始まり、この流れが毛先の向きを決定づけます。
右回りに生えていると、左側の根本は立ち上がりやすく、逆に右側の根本はつぶれがちに。根本が潰れると毛先がはねやすくなるのです。

パーマも片側だけとれやすい

このつむじからの毛流の影響はハネだけでなく、パーマにも影響します。 どちらか片側だけとれやすい、という人は美容師の失敗がなければつむじからの生えクセのせいと考えてもよいでしょう。

きついパーマの場合はそれほど影響はありませんが、ゆるいパーマ、ふわっとしたパーマだとクセの影響からセットが難しくなってしまいます。

パーマのかけなおしはお金がかかってしまうので、クセがひどい人は施術前に相談するようにしましょう。

ハネをおさえる方法は!?

ハネをおさえるためのスタイリングのコツは「ドライヤー」にあります。 ハネるのが嫌だからと前からドライヤーを当て続けるのは実はNG! まずは、後ろから前、下から上へ髪を引っ張るように持ち上げながら髪の根元から繰り返し風を当てます。

自分ひとりだと後ろからドライヤーを当てるのが難しい、という場合はおじぎをするように頭を下にしてドライヤーをかけてください。

髪の根本が乾けば、あとは顔周りを丸く囲むようにして髪の中間から下を乾かします。 髪のハネをなおそうと毛先ばかりにドライヤーを当てたり、乾いたあとにコテだけで何とかしようとしてしまいがちですが、毛の流れがクセを作っているのでこの方法は意味がありません。同じように、くるくると毛先を巻きながら乾かしても結局毛はハネてしまいます。

実は、このつむじの流れが原因のクセは、縮毛矯正でもっても完全になおすことができないのです。

間違った乾かし方は逆に髪を痛めてしまうだけなので、まずは髪の根本から乾かすことを心がけましょう。

また、カットでも左右ともに同じように切ってしまうとどうしてもハネやすくなります。 これは逆に言うと、カット次第でハネをおさえられるということ。 カット前に美容師さんに相談してからカットしてもらうと、日々のスタイリングはかなり楽になりますね。

つむじは何のためにあるの?

髪の毛が毛穴から真っ直ぐに生えてしまうと、直射日光を頭皮に浴びてしまったり、衝撃から頭皮を守りにくくなってしまいます。そのため、つむじを中心に一定の方向に毛を生やすことで、頭全体を毛で覆い、ものにぶつかっても毛で滑りやすくして怪我を防いでいると考えられています。

また、毛に流れがあると雨水や埃を落としやすく、人体にとってとても合理的な仕組みとなっているのです。

つむじの雑学

つむじが真ん中にない人は、性格がひねくれている、素直ではないとされ「つむじ曲がり」という言葉で呼ばれることがあります。 しかし、実際には日本人の8割は左右どちらかにつむじがずれています。 そうなると、日本人の大半は性格がひねくれているということになってしまいますよね。

また、つむじが2つある人は「天才」というジンクスもあります。イチロー選手はつむじが2つあることで有名ですが、これも特に科学的な根拠ああるわけではありません。 また、つむじが3つ以上ある人も全体の1.5%ほどいるといわれています。 珍しいだけに「天才」「個性的」と言われているのかもしれませんが、つむじが多いとヘアセットは大変そうですね。