たったの1日で顔のたるみを解消する方法

高い基礎化粧品やマッサージなど、顔のたるみを少しでも引き上げようと毎日地道な努力を続けている人は多いですよね。

しかし、たった1日で顔のたるみを解決する方法があります。 それは「髪型を変えること」。たったそれだけで、見違えるほど顔のたるみが目立たなくなります。

ひたいを出すポイントを作る

人は、相手の肌が出ている部分を見て相手の顔を判断します。 前髪を短くしたり、斜めにわけてひたいを見せたりしてあごとのバランスを取り、縦の肌の面積を調整することで、顔のサイドから視線をそらすことができるのです。

顔まわりに動きのあるスタイルにする

エラより下に動きのあるポイントを作り、ボリュームは目のサイドより上に。 丸顔や、ベース顔、逆三角形顔の人はトップに高さを出してあごを細く見せる縦長のラインを作ります。 そうすることで、視点が上に向く「ひし形」の立体的なスタイルができ、顔のたるみが目立たなくなります。

NGスタイルは、顔の下半分に重みのあるもの

髪が下に広がってる髪型や、凹凸のない平坦なストレートロングのラインは、髪型の重心が下に下がってしまい、どうしてもたるんだ輪郭が目立ってしまいます。 特にトップがへたっていたり、分け目がくっきり見えていたりすると、顔のたるみばかりか全体的な印象までもが老けてしまうことに。

顔のたるみを隠すなら、トップにボリュームを、下にいくほどスッキリ、の基本をおさえることが重要です。

ヘアアレンジでたるみを隠すなら

上記の条件をあてはめるならば、ハーフアップのアレンジがベスト。 ひっつめて髪をまとめるのではなく、髪を耳の横からすくって軽くねじってぐいっと持ち上げ、ふんわりとボリュームを出してからとめます。 正面から見ればトップに高さが。さらに横からみれば後頭部にも高さが出るので横顔も若く見せられます。

一方、一時的に肌をひっぱりあげて目元のしわやたるみを隠せるポニーテールですが、これは肌の負担が大きいので、あまり推奨できません。 その時はよくても、繰り返していると逆に顔のたるみを進行させてしまいます。 肌や頭皮に優しい方法を選んで、長く美しくいられるように維持をすることも大切です。

ポイントメイクで仕上げを

年齢を重ねて顔のたるみが進んでくると、顔の輪郭だけでなく目や口元などパーツもぼやけて見えがちです。 そういう時は、メイクでカバーすれば、より顔の印象を若く見せることができます。

眉毛が太めの人や、目が大き目の人はマスカラやアイラインで目力を強くし、顔のパーツにメリハリをつけます。 唇が大き目の人は、赤味のあるリップをつけて健康的で血色のよい唇を。リップの色にあわせて頬骨の高い位置にチークをおけば、華やかさがプラスされます。 どちらも塗り過ぎると逆に野暮ったくなるので、そこは気を付けましょう。

髪型を変えるなら美容師のアドバイスを

「私はこういうのは似合わないから」と、若いころと同じ髪型のままでいるのはよくありません。 歳を重ねるにつれて骨格や髪の状態は変わり、似合う髪型も変わってきます。 自分の先入観を捨てて、顔の気になるポイントをしっかりと伝えて美容師のアドバイスに耳をかたむけてみてください。

そうするだけで、若々しい髪型が手に入るのです。