O型女性の恋愛特徴5つの法則

恋愛の傾向は人それぞれ、といえども、やはり血液型ごとに陥りやすい恋愛のパターンや、考え方のクセは見受けられます。どの占いを見ても「おおらか」といわれるO型さんの性格と恋愛傾向を、具体的にプラスの法則とマイナスの法則に分けてみましょう。

プラスの法則:1「おおらかでざっくばらん」、2「人づきあいを重視」

O型さんは基本的におおらか。恋愛中も彼氏だけではなく友人も平等に大切にします。仕事も大切ですが、自分の出世のための人づきあいよりも、自分の人生を豊かにする人間関係を大切にする傾向があります。もちろん男女の垣根も他の血液型と比較して低めです。

人づきあいを通して得られる価値観の変化や、安定した人脈を増やすことが一つのステータスとして捉える人が多くいます。それが裏目に出てしまうと、自分の彼氏や男友達の彼女を心配させることになりかねません。でも、本人には何の深い意味もないのです。

マイナスの法則:3「付き合うと雑?」、4「突然の現実主義」

O型さんのおおらかさがマイナスに出ると「雑」に見えてしまうことがあります。

例えば、付き合う前は彼に気に入ってもらいたい一心で「デキる女」を演出していた人が、「彼氏なんだし、ありのままの自分でいいか…」とラフすぎる普段着でデートに向かうことも。もちろん多少は自分のペースに戻してよいのですが、段階や程度の調整をせず一気に変えてしまいがちです。

同様に突然スイッチが切れたように「このヒトに使うお金がもったいない」「こんな恋でいいのかな」と気持ちのリセットがかかることもO型さんの特徴。最初から頑張りすぎることが原因のようです。

恋愛相手の法則:白馬の王子様、どこかにいませんか?

O型さんの好みは個人差こそあれど「私にとっての鉄板」という人がしっかり決まっています。したがって「自分の中の王子様」が見つかった時はとことん一途。そして、万が一恋愛が終わったとしても、その王子様に代わる王子様が見つかるまでは友人として恋愛を取る人が多くいます。

友人の多いO型さんは逆にアプローチしてくる人には鈍感な傾向があります。もちろん王子様タイプの人がアプローチしてきた場合は別ですが、タイプ外の人を好きになるには時間を要します。

まとめ:一途でおおらか。そんな個性を最大限活かして。

人に対して男女問わず情が湧きやすいO型さん。親身になるのはよいことですが、そのせいで肝心なパートナーを逃してしまっては損です。そして、尽くしたり情をかけすぎるせいか、姉御肌になり彼氏を甘やかしてしまったり逆に束縛してしまう人も…。しかし、その根本にあるのは全て「おおらかで情が湧きやすい」といったプラスの感性に基づくものです。

自分の個性を判ってくれる人を探すのももちろんですが、相手のペースに少し寄り添ってあげることも、恋愛を長続きさせるためには必要な要素ですよ。