バツイチ子持ちの女性が恋愛に目覚めるための6つのハードル

バツイチ子持ちの女性は恋愛したくても、時間がなかったり、臆病になっていたりと何かと高いハードルが待ち受けています。超えるべき6つのハードルとは何でしょうか。

【1.時間を作ること】

バツイチ子持ちの女性が最初に超えるべきハードルとは、時間を作ることです。

子供の年齢次第では、子供のお世話と家事と仕事、最低でも3つのことを並行する必要があるため、時間のやりくりをよほど上手にしないと恋愛している暇はありません。「家事や仕事や子供より、恋愛を大切にしたい」という思いが起きない限りはなかなか超えられない高いハードルです。

良い恋愛をするためには日ごろから時間に余裕を作るように行動するか、あるいは子供の成長を待ちましょう。

【2.恋愛に必要なお金をつくること】【3.心の余裕があること】

バツイチ子持ちの女性は女手一つで子供を育てて生活していく必要があります。仕事での収入源は自分ひとりに限られるため、金銭的余裕があまりないことが多いです。

子供の将来のために貯蓄を考える必要があり、恋愛に使うお金は想定していない女性も多いでしょう。恋愛するためには、デート費用の他にファッションや化粧品等、女子力アップのために使うお金が必要になってきます。そのお金を捻出することもハードルの一つです。

そして恋愛に目覚めるためには、心に恋愛したいと思う余裕が必要です。恋人のことを考える時間がないと恋愛することは難しいでしょう。時間やお金がないと心の余裕はなかなか生まれないかもしれませんね。

【4.男性との出会いを増やすこと】【5.子供が母親を理解すること】

バツイチになった理由にもよりますが、バツイチの女性は男性に対しての審美眼が高くなっています。実際に離婚に至った理由によっては男性恐怖症になっているかもしれません。また、時間的余裕もないので、積極的に出会いの場に足を運ぶことも難しいのです。

バツイチ子持ちにとって、恋愛を恐れる理由は子供にもあります。恋愛に夢中になり、子供の存在がおろそかにするわけにはいきません。子供の年齢によっては、子供は母親の恋愛に反発する場合もあるため、新しい恋への高いハードルの一つとなっています。

【6.元夫の存在】

子供にとっては、バツイチ後も元夫はパパのままかもしれません。年齢によっては「離婚」という言葉の意味が理解できていない場合もあります。

また、離婚の条件にもよりますが、定期的にパパと子供が会うケースは少なくありません。そこに以前の家族の形が見えると恋愛に尻込みすることもあり、次の恋愛へのハードルとして立ちはだかります。

バツイチ子持ちが恋愛に目覚めるために超えなければならないハードルを6つご紹介しました。どれも高いハードルですが、恋愛したい!という気持ちがあれば超えられないハードルではないと思います。子供の気持ちを考えながら良い恋愛に向けて一歩踏み出せれば良いですね。