社内恋愛のきっかけって?成功させる方法論

きっかけ次第で突然始まる社内恋愛。しかし職場という制約された空間では大胆な行動はとりづらいため、異性との自然なきっかけづくりが大切です。社内恋愛を成功させる方法論を、そのきっかけを踏まえてご紹介します。

ミスを活かす

仕事でミスをすると、誰でも落ち込んでしまうものです。ですが、社内恋愛においてはミスがチャンスになります。気になる人が失敗して落ち込んでいたらミスをフォローしたり、励ましの言葉を送ったりするなど、そっと手を伸ばしてあげましょう。

助けられた方は感謝の気持ちが生じ、異性であるならば恋愛感情に発展するきっかけになります。とはいえ仕事仲間をフォローするには自分自身にも余裕が必要です。

職場では常日頃からまわりの状況をよく見て、社内のちょっとした変化にも気づけるように意識しましょう。

気になる人の上司とも仲良くなる

社内恋愛は隠れて行うものと思いがちですが、周囲の協力を得ることで自由に恋愛をしやすくなります。そのためには、気になる男性の上司と仲良くするとよいでしょう。アプローチがしやすくなるだけでなく、食事や飲み会に誘われることが多くなり、意中の人を会う機会も増えます。

ただし、仕事を一生懸命しないと周囲からの協力は得られません。社内恋愛を成功させるためには、仕事で信頼を勝ち取り、外堀から固めていくことが大切です。

残業時間は接近のチャンス!

仕事において残業はつきものですが、社内恋愛が始まるきっかけになりやすいものです。残業時間は周囲の同僚や上司が帰宅し、職場に開放感が訪れる時間帯です。そのため、とりとめない話がしやすく、気になる男性に声をかけるチャンスです。

ただ、相手が仕事に追われているときに話しかけるのは迷惑で、逆効果になってしまうこともあります。コーヒーやお茶を飲んで一息ついているときに話しかけるようにするなど工夫が必要です。社内恋愛を成功させるために残業時間をうまく利用しましょう。

社内研修を出会いのきっかけとして利用する

仕事は定型的な業務であればあるほど出会いのチャンスが減っていきます。そこで、社内恋愛のきっかけとなりやすい社内研修を出会いの場として活かしましょう。

研修では普段席が離れている男性や、他の部署の男性とも交流できます。グループワークで積極的に話しかけ、顔と名前を覚えてもらうようにしましょう。

気になる男性を射止めるためには、社内恋愛に発展するきっかけをいかに利用できるかがポイントです。今回紹介したきっかけを参考に、社内恋愛の成功に役立ててみてください。