あなたはどっち?LINEで本気の告白、アリ、ナシ!

最近、「LINE告白」という言葉をよく耳にします。文字通り、LINEで告白ですよね。重苦しくならず気軽に気持ちを伝えられるし、言われたほうも断るにしても気まずくならないし、これからも友人関係を続けていきたい相手には最適!という声も。

LINE告白、本音でアリ?ナシ?されたらほんとに嬉しいの?などについてみんなの意見を調査してみました。

男性側は大半がアリ、の理由とは

LINE告白について聞いてみたところ、大半の男性がアリだと答えています。「相手に必要以上に気を使わせないと思うから」や「メールより会話っぽいので感情をきちんと伝えられる」「相手の反応を確認しながら伝えられる」などの意見も多いようです。

会話の流れで反応を確認しつつも、顔を合わせていないので気まずさはないという絶妙の距離感がいいのかもしれません。

LINE告白肯定派女子の理由とは

女性のなかでLINE告白アリと答える方に多い意見としては、「そういう時代だから」というものや、「手紙やメールと同じで、どういう言葉で伝えてくれるかが大事」という、形ではなく想いを確かめたいというものです。

夜景の見えるところでとか、花束を持ってなんてブリブリのロマンチックはいらないから正直な気持ちをストレートに伝えてくれるならツールにはこだわらないという、さっぱりした方が多いのかもしれません。

やはり多いのはナシ派

LINE告白について約80%の女性はナシと答えています。どちらかというとナシではなく、ありえない派が多いのも注目です。「味気ない」「予防線を張っている感じがする」「大事な話しはきちんと会って話すべき」など、やはり告白は普通の会話とは別だと考える女性が多いようです。

LINEがきっかけになった成功例

LINE告白の正統派ではないにしても、LINEで会話し盛り上がったところで直接電話して告白した、とかLINEで親しくなり呼び出して告白成功など、まず気軽なLINEで距離を詰め、頃合を見計らって直接攻撃も増えているようです。

確かにLINEで会話して親しくなっている場合、直接ストレートな告白をしてくれれば一気に成功率が上がるかもしれません。相手の性格を知って上手に使いたいですね。