なかなか悩ましい?!男性の心を悩ませる「本命チョコの見分け方」

バレンタインの由来は、「聖バレンタイン」という聖人に由来します。

「家庭を持ってしまったら、妻子のもとに帰りたいばかりに、命を惜しむようになる」との考え方のもと、3世紀のローマでは、兵士の結婚が禁じられていました。

しかしながら、これはおかしいとして、こっそりと兵士の結婚を執り行っていた人物がいます。それが、聖バレンタインです。

彼は2月14日に処刑されてしまうのですが愛を重んじ、それに殉じた彼は亡くなった後、聖人としてまつられるようになったのです。

当時は、花やカードを贈り合う日だったのですが、イギリスや日本のチョコレート会社により、「バンレンタインデーにはチョコレートを贈ろう」という風習が根付いていったと言われています。

義理チョコとはこういうもの

「バレンタインにはチョコを贈る」というのが一般的な認識になった今、ちょっと判断に困るのが、「もらったこのチョコレートは、義理チョコなのか、それとも本命チョコなのか」ということです。

たとえば、袋菓子のチョコレートや、休憩室においてあって「今日はバレンタインなので、みなさんで食べてください」と書いてあるチョコレートなどは、間違いなく義理チョコだと思われます。

個別包装してあっても、中身が既製品で、しかも少量の場合で、安価なチョコレートの場合は「義理チョコ」と考えるのが普通です。

値段と「本気度」は比例しない!?

ただし、安易に「値段」で判断しない方がいい、とも言われています。

なぜなら、「500円以下のものなら義理チョコなんじゃない?」と考える人がいる一方で、「本命の彼であっても、かけられる予算は2000円程度まで」という声が、「バレンタインの予算」を調査した中では一番多い回答だからです。

加えて、会社やお店によっては、「お得意様には、会社の女の子から、3000円程度のチョコレートをお渡しする」という例もあり、なかなか見分けが付きません。

ただし、義理チョコの場合は、メッセージカードやプラスアルファのプレゼントはついてこない可能性が高い、ということはお伝えしておきます。

つまり、1000円程度のチョコレートであっても、上記のものがついている場合は、本命である可能性が極めて高いと言えます。

ちなみに、「手作りチョコが本命の証」というのは、もう古い認識。「大量に配るんだから、手作りの方が安い」と割り切る女子も。

何はともあれ、男性にとっても女性にとっても運命の一日。良い結果を期待したいですね!