バレンタインでもらって困るもの、NGなものはどれ?

お正月が終わり、節分が終わると、街に甘い香りと空気が漂ってきます。 そう、バレンタインです!

勇気を出してこの機会に告白をする!という女性もいれば、すでに付き合っている彼氏や旦那さんにプレゼントを贈る、という人もいるでしょう。誰かからの好意というのは、嬉しいもの。

でも、男性が思う、「ちょっと困ったプレゼント」がある、というのも覚えておいてください。

今回は、「男性がもらって困るプレゼントやチョコレート」についてお話します。

手作りはやっぱり危険!?完全な「片思い」状態では避けるべし

「もらって困るプレゼント」のなかで、筆頭にくるのは、やはり「手作りプレゼント」です。チョコレートでも困る、という男性も多いのですが、これが「手編みのマフラー」などになると、さらに困惑する男性が多いようです。

チョコレートはしょせん「食べてしまえば終わり」の消えものですが、マフラーなどは「残るもの」ですし、かといって捨てるのも気が引けるし…ということで、困る男性が多いのが実情のようです。

特に、「たぶん相手も自分のことを好きで、デートも何回か行っていて、バレンタインは『恋人になること』を言い出すきっかけの日」というのならまだしも、完全な片思いなら手作りプレゼントはかなり危険。避けた方がよさそうです。

また、当然のことながら、「肌につけるもの」はNG。これは、上であげた「両片思い状態」でもやめておいた方がよさそうです。晴れて恋人同士になった後に贈った方がよいと思われます。

本命のときに気を付けたいこと

既にお付き合いしている場合、片思いの時代に比べると、「もらって困るもの」のレベルは下がります。しかし、本命が相手だからこそ気を付けたいことも。

彼氏や配偶者に贈るバレンタインアイテムは、あまり高すぎるものは避けた方がよさそうです。 なぜなら、頭のなかで、「彼女(奥さん)がくれたものよりも高いものを返さなきゃならない」と思う男性が多いからです。

女性のバレンタインにかける金額は、2000円未満が全体の7割程度を占めますが、やはりこれくらいにとどめておいた方がよいでしょう。

義理の場合、会社ごとによって考え方が多少異なるかと思います。

「ホワイトデーは特にお返ししないので、小さなチョコやお菓子などをおやつ代わりに配ってくれる方がいい」と考える人もいれば、「安すぎるものや袋菓子だと、お返しのときに何を選んでいいのか困る」と考える人も。

これは、会社の空気を上手に読んだ方がよさそうですね。