「お菓子業者の陰謀論」「過剰な予防線」…バレンタインの日の痛い行動3つ

男性も女性も浮き足立つバレンタイン。

片思いのあの子が誰にチョコレートを渡すのか、この間ケンカをしてしまったけど彼女はちゃんとチョコレートをくれるのか……。こんな風に不安になってしまう男性も多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと落ち着いて。

不安のあまりとってしまうあなたのその行動、女性からは「痛い行動」と見られているかもしれません。

周りを気にするのはもうやめよう!

バレンタインの日の痛い行動としてあげられる、男性の3つの行動を紹介します。

その1.「周りの様子を気にしてばかり」

周りの男性が誰からチョコレートをもらったか、何個チョコレートをもらったのかが気になって、ずっと周囲を気にしてばかり。

本人は隠しているつもりでも、周りから見ればバレバレ、なんてことも。

「周囲がチョコレートをもらっていようがもらっていなかろうが、あなたには関係ないのに」なんて思われかねません。

特に、自分がもらえなかったからといって、「同じようにもらえなかった仲間」を探すのは、みっともないもの。落ち着いて構えましょう!

バレンタインへの非難は男を下げる

その2.「バレンタインなんてくだらない」という態度をとる

男性のなかには本当に、「バレンタインは特に興味がないなぁ」という人もいるかと思います。これはこれで良いのですが、「痛い行動」と思われるのは、「バレンタインという行事に対して攻撃的になっている人」です。

「バレンタインはお菓子業界の陰謀だ、欧米ではそんなことをしていない!」などと声高に叫ぶ人、いませんか?こんな行動は、「もらえないからひがんでいるんでしょ」と一刀両断されてしまいかねません。

予防線は「来年のチョコ」を遠ざけるもの

その3.「誰かに聞かれているわけでもないのに、もらえなかったときの予防線を張る」

バレンタインの前から甘いものが苦手なことをアピールしたり、彼女がいるから義理チョコは困る、などと吹聴したりするタイプです。

この場合、彼女が本当にいるかどうかはあまり問題ではなく、「もらえなかったときの予防線を事前に張っておいて、もらえなかったときのショックを和らげようとしている」という姿勢が、「痛い行動」としてピックアップされるのです。

「そんなことを言わなくても、そもそも初めから、あなたは『チョコレートをあげる対象』にはなっていない」という辛辣な意見を持つ女性もいるのではないでしょうか。

バレンタインの日の痛い行動3つを紹介しましたが、特に評判が悪いのは、やはり「周りに対して攻撃的になること」です。人間関係も悪化してしまいますし、「来年のチョコ」を遠ざける原因ともなりかねません。余裕をもって臨みましょう!