新社会人必見!知らないと恥ずかしいお茶出しマナー

お茶出しは、ビジネスに欠かせない大切なスキルのひとつ。お客様へのお茶出しは、新入社員にとって大切な「顔見せ」のチャンスでもあります。

そんな場で恥をかいたり先輩や上司に恥をかかせてしまわないために、新社会人になるにあたって、お茶の淹れ方やマナーも覚えておきたいものです。自信を持って来客対応ができるよう、しっかりと準備をしておきましょう。

慣れていないうちは上司や先輩にお茶をお出しして、本番に備え練習させて頂くのも良いかもしれません。「来客があった時の練習も兼ねて」と一言添えておけば、あなたのやる気をアピールすることもできますよ。

日本茶の淹れ方

1.お盆にお客様の人数と自社社員の人数を合わせた数の茶碗と茶托を用意します。茶碗と茶托はセットせず、茶托は重ねておいても構いません。茶碗にヒビや汚れ、欠けなどがないかもしっかりチェックしましょう。

運ぶ時にこぼしてしまう恐れもあるので、キレイな布巾も忘れずに用意しておきます。

2.すべての茶碗に沸騰したお湯を注いで温めながら、急須に人数分の茶葉を入れます。茶葉の量は茶さじなら1人1杯、ティースプーンなら1人2杯が適量です。茶葉を淹れた急須に茶碗のお湯を移して蓋をし、1分蒸らします。

3.お茶の濃さが均等になるように、全部の茶碗に少しずつ注ぎます。茶碗の七分目あたりまでが目安です。蓋のある茶碗の場合、蓋をしてから運びます。

応接室でのお茶出し

1.胸より少し低い位置にお茶の入った茶碗、茶托、布巾の載ったお盆を持ち、こぼさないようにゆっくりと運びます。

2.ノックを3回し「失礼します」と会釈をして入室しましょう。お茶をお出しするタイミングはお客様と自社社員の挨拶などが終わり、全員が着席して落ち着いた頃が良いでしょう。

3.お盆をサイドテーブル、または応接テーブルの下手側(出入口に近い方)に置きます。茶碗の底を布巾で拭き、茶托に載せてから両手で茶托を持ち、お客様の方に運びます。木製の茶托の場合は、茶碗の絵柄を正面から見た時、木目が横に流れるようにセットしましょう。

4.役職の高い(上手側、部屋の奥側の)お客様から順に「どうぞ」「失礼致します」などと一言添えながら、茶碗の絵柄が正面となるようにお客様の後方右手側からお出しします。

右手側が資料などでふさがっている場合は左側から「こちらから失礼致します」と声をお掛けし、お出ししましょう。「作法は知っているけどこちら側からお出しします」というアピールにもなります。

資料などがテーブルいっぱいに広げられていてスペースがない場合は、自社社員に「お茶はどちらにお出ししましょうか?」と笑顔で声をかけましょう。書類をどけてスペースを作ってくださるなり、「そのままでいいよ」と言ってくださるなり、対応をしてくださいます。

日頃から先輩や上司とマメにコミュニケーションをとっておくことも、スムーズなお茶出しのポイントです。

5.お茶を出し終わったら、会話の邪魔にならないようにすぐに退室します。

お盆の内側を体側に向け、男性なら左脇に挟むようにして自然に曲げた左手をお盆に添え、女性なら身体の前に腰の高さで両手の指を揃えてお盆を持ちます。応接室の扉の前でお客様に「失礼致しました」とお声をかけて一礼します。

6.静かに扉を開けて廊下に出たら、お客様の方を向いてもう一度頭を下げます。頭を下げたままゆっくりと静かに扉を閉めます。

7.お客様がお帰りになったら、次の来客に備えてすぐに応接室を片付けましょう。片付けや洗い物までがお茶出しです。

新社会人はもちろん、社会人生活に慣れた人も今一度お茶出しマナーを振り返ってみてくださいね。