結婚式で男性が気をつけるべきスーツや小物の選び方マナー

結婚式にお呼ばれした際の男性の服装には、スタンダードな黒のフォーマルスーツの他にも、グレーや紺のダークスーツにカラーシャツや柄物のシャツを合わせるなどの礼服スタイルもあります。

どんなスーツが好感が持たれるか、選び方のマナーについてご紹介します。

スーツの選び方

結婚披露宴に参列するゲストは、男性、女性どちらの場合でも、主役である新郎新婦よりも控えめな服装であることが大切だとされています。

男性ゲストの場合は、準礼装での出席が一般的とされているように、ブラックスーツ、あるいはグレーや紺のダークスーツのシックな色合いの礼服が基本です。カラーのタキシードや出勤スタイルと同様のビジネススーツは、結婚披露宴の場にはふさわしくありません。

意外と見落としがちなのが、自分の身体にフィットしたサイズのものを着るという点。背中にシワがよってしまっている上、ピチピチでボタンがはじけ飛んでしまいそうなズボンなどでは、せっかくの礼服もみっともなく見えてしまいます。

事前に必ず試着をして、サイズが変わりすぎているようであれば買い替えの決断も時には必要です。

ネクタイ・小物の選び方

三つ揃えの礼服に白いネクタイ。確かに正式でマナー通り、お手本のような服装ですが、友人などの式に参列する場合は新郎新婦の親しい親戚と思われてしまいます。こういった服装は、あまり良い印象を与えない場合も。

ネクタイは、華やかな色や光沢のあるものを選びましょう。胸元のチーフと合わせるのもおすすめ!バイカラー(2色使い)は「わかれる」ことを嫌う結婚式では禁忌とされているので、単色のものか柄物を選ぶようにします。

タイピンもパールやラインストーンをあしらったものなど、慶事にふさわしいオシャレをするポイントです。派手すぎず、でも華やかな印象を与えるものをネクタイに合わせて選んでください。カフスと揃えるのも好印象です。

ネクタイ以外でも蝶ネクタイやボウタイ、アスコットタイなどでオシャレを楽しむのも良いでしょう。

靴の選び方

忘れがちなのが靴。普段の通勤靴をそのまま履いていってしまった…などということのないように注意しましょう。

紐のついた黒の「ストレートチップ」が正式なフォーマルシューズですが、シンプルなデザインで黒の「プレーントゥ」、つま先にメダリオン(飾り穴)の開いていないものならOKです。

カジュアルな披露宴の場合、茶色の靴も許容される場合がありますが、一般的には黒の革靴が無難です。靴底がすり減っていないか、きちんと磨かれているかも大切なポイント。

どんなオシャレなスニーカーやモカシン、ブーツでも、黒の革靴以外は基本的にはマナー違反です。また、靴下も黒のドレスソックスを着用します。