面接官の印象が良くなる髪型(女性版)

面接に最適な髪型は、男性よりも女性の方が悩みどころが多いものです。それはいったいなぜなのでしょうか?そして、印象の良い髪型というのはどんなものなのでしょうか?

それについて見ていきましょう。

業界によって大きく違う、女性の面接の髪型事情

「女性の場合、男性以上に髪型を選ぶのが難しい」としたのは、女性の方が男性に比べて「自由度」が高いからです。

「自由度が高い」というのは、それだけを聞くと、むしろ楽なようなイメージを受けます。しかし実際は真逆です。男性の場合、「短くて」「黒くて」「爽やかに見える髪型」ならばOKであるのに対し、女性の場合は就職先の業界によって髪型を変える必要があります。

例えば、アパレル系の会社に面接に行くことを考えてみましょう。

就職面接はリクルートスーツが基本ですが、このような場合は、「その人のオリジナリティ」「個性」「おしゃれさ」が強く求められます。

そのため、ほかの業界ではNGとされる髪の色やメイクなどが、むしろ好印象を与えるケースもあります。

逆に食品業界のように「衛生面」を問う会社であるのなら、髪の毛は短い方が望ましいでしょう。事務作業や研究を行うことを主とする会社の場合は、やはり黒髪が理想的です。

このように、女性の場合は「その企業に合った髪型」を作ることが必要になってくるのです。

基本の髪型を押さえておく

ただ、それでも「基本の髪型」はあります。

それは、

・黒髪であり
・清潔感のある髪型である

ということです。

これは男性の場合と変わりません。ただ、女性の場合、「髪の毛が長い」というケースもあるでしょう。このときは、後ろで結ぶなどし、すっきりまとめるようにします。

前髪の長さにも気を付けましょう。後れ毛が出ている、というのもあまり良い印象を与えないので気を付けるようにします。

髪の毛の色に関しては、男性ほど問われないケースが多いようです。しかし、やはり黒髪にしておく方が無難でしょう。

「就職活動をするにあたり、髪の毛を黒く染め直す」という場合は、「黒髪に見えるカラーリング」にするのではなく、きちんと美容師さんにその旨を伝えることが大切です。光の当たり加減によってブルーに見える、という場合でも、厳しい会社はマイナス評価を下すからです。

見た目の印象というのは、面接官に大きく残ります。さわやかな印象を与える髪型を作るようにしましょう!