朝食をとると頭が良くなるってホント!? 朝食と脳の関係

子どもの頃、「朝食をしっかり食べなさい」と親から言われた経験をお持ちの方は多いのでは? 朝食をとると集中力が高まると考えられていますが、これにはどんな理由があるのでしょうか。朝食と脳の関係についてご紹介します。

ブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源

朝はギリギリまで寝ていたい…、身だしなみを整えるので精一杯!なんて人も多いかもしれませんが、朝食を抜いてしまうと実は脳に悪影響が…。

脳は身体を動かす指令を出したり、ものを考えたりする重要な働きをしていますが、脳の唯一のエネルギー源となるのがブドウ糖です。朝食を抜くとブドウ糖が不足してしまい、思考力が衰えたり、集中力が低下したりと脳の働きに悪影響が出てしまうのです。

足りない分のブドウ糖は肝臓に貯蔵されている分で補われますが、その時にノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌され、感情が高ぶりやすくなるなど情緒面でも問題が出てしまいます。

午前中、低血糖状態が続くと、仕事や勉強の効率も落ち、イライラの原因にも…。特に、お子さんの場合は朝食を抜くと勉強がはかどらなくなる可能性もあるため、注意が必要です。集中力を高めて作業効率をUPさせるためには、朝食がとても大切になるのです。

朝食は、糖質をしっかり摂ることを心がけて

朝食は大切と分かってはいても、朝からそんなに手の込んだメニューは作れないもの。メニューは、ご飯、汁物、主菜、副菜に卵や乳製品を適宜プラスするというのが基本的なパターンですが、朝食の場合はそれほどこだわらなくても大丈夫です。

ただし、脳のエネルギー源となる米や小麦などの糖質はしっかり摂ることを心がけましょう。

<基本の朝食メニュー>
ご飯、さけの塩焼き(大根おろし添え)、じゃがいもとわかめの味噌汁、小松菜のおひたし、りんご

時間がない時でも大丈夫!お手軽朝食メニュー

頑張って朝食をとろう!と思っても、前日の夜に寝るのが遅くなってしまった時などは、どうしても起きるのがギリギリになってしまうこともありますよね。そんな時におすすめのお手軽メニューをご紹介します。

1.玄米フレーク(またはグラノーラ)の牛乳かけ、きゅうりやトマトの簡単サラダ、バナナ
2.胚芽パンにレタス・チーズ・ハムなどを挟んだ簡単サンド、卵スープ(市販品でもOK)、パイナップル(カット)
3.おにぎり、具だくさんの味噌汁(前日の残りものでOK)、フルーツ(いちご、キウイ)のヨーグルトかけ

朝食をしっかり食べて脳の働きを活性化し、1日の始まりをイキイキとスタートさせていきましょう!