「ピンク色」がエッチなイメージなのは日本特有!?他の国は何色?

ピンク色というと「女性らしい」「かわいらしい」というイメージとともに、大人向けの「エッチ」なものを連想してしまいませんか? 「ピンク映画」「ピンクチラシ」といったものに代表されるように、ピンクには大人の夜の世界を表現する色としてよく使われています。しかし、実はこのピンクがエッチな意味を持たせるのは「日本」だけというのはご存知でしたか?

アメリカ(英語圏)は「青」

アメリカでは成人向けの映画を「blue film」と呼びます。なぜ青が卑猥なのでしょうか。諸説ありますが、かつてアメリカで行われていた出版物の検閲では、性的なものは青色でチェックがされていた、とのこと。また、映画などモノクロのフィルムも法律的な問題があれば青で着色されていたそうです。

また、エッチなジョークは「blue joke」と呼ばれています。 ピンク色は、赤ちゃんの肌の色を連想させるため「健康な色」の意味合いに感じるそうです。

スペインは「緑」

スペイン語で卑猥な意味を持つ色は緑の「Verde」。Cine Verdeでポルノ映画、「Liblo Verde」で緑の本=エッチな本、さらに「Viejo Verde」でスケベおやじという意味になるのだとか!

中国は「黄」

中国で黄色は「堕落・猥褻」という意味があり、ポルノ映画は「黄色電影」、ポルノ本は「黄色書簡」と呼ばれています。その意味から、政治的な言葉で「掃黄運動」と言われるものもあり、これはポルノ規制のことを表しています。

中国ではかつて皇帝の服の色が「黄」だったこともあり、黄色は中国にとって高貴さと低俗さの対極の意味を持つ色ともいえます。

ちなみに中国のピンクの意味は「恋愛」。恋をする様子を連想させるようです。

イタリアは「赤」

イタリアでポルノ映画は「film rosso」といい、赤いマークのついた映画やテレビは大人が見るものとされています。イタリアでピンク(rosa)は「恋愛」の意味なので、「film rosa」は恋愛映画という意味になるとのこと。

ちなみに、フランスは白という説もありますが、これは白いドレスがセクシーであるという意味で、ポルノのカテゴリーを表す言葉は「rosa(ピンク)」と日本と同じ。白はやはり純白、花嫁といった無垢のイメージが強いとのこと。
色のイメージも各国万別。
興味がある人は他の国が何色なのか調べてみても面白いかもしれませんね。