花粉症対策におすすめ!ツライ症状を緩和してくれる飲み物3つ

毎年やってくる花粉の季節。クシャミや鼻水、目の痒みなどに悩まされている人も多いのでは?「薬を飲んでいるけど、やっぱりツライ!」「この症状、どうにかならない?」そんな悩みをお持ちの方に、花粉症への効果が期待できる飲み物についてご紹介します。

何にアレルギーを起こしているのか知り、適切な対策をとろう

2月の終わり頃から鼻がムズムズしたり目が痒くなるなど、毎年同じ時期に症状が出る場合、花粉症である可能性が高いと考えられます。日本では、春のスギ花粉によるアレルギーが最も多いですが、スギよりも少し遅れて飛散するヒノキや、秋のブタクサなどに反応する人もいて、どの花粉にアレルギーがあるかは人によってさまざま。自分のアレルギーの種類がよくわからない…という人は早めに病院で検査を。14種類までは保険適用で検査が可能です。

花粉症対策におすすめの飲み物3つ

花粉症においては、早めに対策をとることが最も大切です。花粉が飛散する前に耳鼻科を受診して、抗アレルギー薬の点鼻薬や内服薬を使い始めるのがベスト。それに合わせて、花粉症に効くと言われる飲み物を取り入れるのもおすすめ。以下で詳しくご紹介!

1.カテキンを含むお茶

花粉症に効果があると言われるお茶はたくさんありますが、中でもおすすめは緑茶とべにふうき茶。この2つにはカテキンが多く含まれ、特にべにふうき茶には抗アレルギー作用があるとされるメチル化カテキンが豊富に含まれています。春先は、普段飲んでいるお茶を、緑茶やべにふうき茶にチェンジしてみては?

2.乳酸菌飲料

腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、免疫力が落ちてアレルギー症状が出やすくなると言われています。善玉菌を増やすためには、積極的に乳酸菌を摂ることが大切。手軽な乳酸菌飲料で腸内環境を整えておきましょう。

3.ライスミルク

昨年のアーモンドミルクに続き、今年、美容ドリンクとして注目を集めているのがライスミルク。ライスミルクとは、玄米と水でできた植物性飲料のことです。豆乳よりもカロリーが低く、ダイエット中のヘルシードリンクとしても人気!実はライスミルクに含まれるポリフェノールの一種に、抗アレルギー作用があるのだとか。そのため、花粉症対策にもおすすめです。

花粉症の症状を緩和するためには、耳鼻科での治療やマスク・めがねなどの予防ケア、バランスのとれた食事や質のよい睡眠など、さまざまな角度から対策をとることが必要。花粉症によいと言われる飲み物も取り入れつつ、ツライ時期を上手に乗り切っていきましょう!