勘違いは失敗のもと!正しい「ゆる糖質ダイエット」のポイント

最近話題のダイエットと言えば、ゆる糖質ダイエット。毎日の食事で糖質の量を減らすと、ダイエットの効果が高まると人気を集めています。でも、とにかく糖質を減らせばいいとカン違いしている人もいるのでは?上手な糖質カットの方法についてご紹介します!

糖質は、炭水化物から食物繊維を抜いたエネルギー

糖質は、三大栄養素のひとつで、炭水化物から食物繊維を抜いたエネルギー。米やパン、うどんやパスタなどの麺類に多く含まれています。糖質を摂ると血糖値が上がり、インスリンというホルモンが分泌されて、血糖値の調整が行われます。糖質は、体にとって重要なエネルギー源ですが、糖質を摂り過ぎるとエネルギーとして使われなかった分がインスリンによって体脂肪に変わるため、糖質を摂り過ぎないよう注意することが大切です。

糖質の減らし過ぎは、ダイエットの失敗につながりがち

糖質を減らせば、どんどんやせるはず!と糖質の摂取量を極端に抑えてしまう人がいますが、これをすると、かえってダイエットの失敗につながることに。脳のエネルギー源となるのは糖質のみなので、糖質を減らし過ぎてしまうと、ボーっとして集中力が落ちるなど仕事や勉強の効率が低下してしまいます。また、食事による満足感が減るので気持ちが満たされず、ストレスによるイライラでドカ食いをしてしまう可能性も…。

そこでおすすめしたいのが、夜の主食をカットする、ゆる糖質ダイエット。夜はエネルギー消費量が少ないので、糖質を摂り過ぎるとどうしても太りやすくなります。夜の糖質量を減らせばダイエットにも有効。朝や昼は普通に食べられるのでストレスが少なく、ダイエット効果も高いので、モチベーション維持にも最適です。以下で、ゆる糖質ダイエットのコツをご紹介!

コツ1.主食をカットする分、肉や魚、野菜はたっぷりと

肉や魚などのたんぱく質は、代謝アップ&筋肉の材料となるので、必ずメニューに入れるようにしましょう。肉の中でも鶏肉は糖質がほとんどないのでおすすめ。魚は青魚中心にすれば、オメガ3脂肪酸も摂れるので美肌効果も。野菜は緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく。じゃがいもなどのいも類はやや糖質が多いので、葉物野菜を多めに摂ると○。

コツ2.マヨネーズやチーズなどコクのある味付けもOK

使い過ぎは禁物ですが、マヨネーズやチーズなどで適度にコクを加えると満足感が高まります。主食をカットすると、どうしてもボリューム感がなくなるので、味付けにも工夫を。

夜の主食をカットする、ゆる糖質ダイエットで、スリムな体を手に入れましょう!