「グゥー」…恥ずかしいお腹の音をピタッと止める方法

大事な会議中、デートで2人きりの時など、ふいにお腹が「グゥー」と鳴って恥ずかしい思いをした経験はありませんか?自分ではコントロールできないこの音は、緊張すればするほど大きな音で鳴ってしまいがち。

■なぜお腹は鳴るの?

お腹の音は「空腹期収縮」が原因。食べ物が胃の中で消化されて腸に送られると、十二指腸からホルモンが分泌されて、胃壁が大きく波打ちます。この時に空気が腸に移動することで音が鳴ってしまいます。

■誰にも気がつかれずに音を止める方法は?

・ 背筋をピンと伸ばす

お腹が鳴りそうと思ったら、思い切って背筋を伸ばしてみましょう。
お腹の中は腹腔といって空洞になっています。背筋を伸ばすことでこの空洞の面積を小さくして、胃の運動を一時的に止める事ができるのです。
音が鳴ると恥ずかしいから…と猫背になって縮こまるのは逆効果なので注意しましょう。

・ 空気を大きく吸い込んでお腹をふくらませる

空気を吸い込むと横隔膜が下がり、胃の収縮運動を止めることができます。
腹式呼吸のような要領でお腹をふくらませ、体の内側から胃に圧力をかける方法です。

・ さらに背中を軽く叩く

息を吸い込んだ後に、背中をトントンと軽く叩くと、胃の空気を腸に流すことができます。こうすれば、空気の振動音を未然に防ぐことができます。

■お腹を鳴らさないための予防方法

・ 食事はゆっくり食べる

あわてて食べると、空気も一緒に飲み込んでしまうため体内にガスを溜める原因になります。よく噛んで食べると、空気を飲み込みにくくなり、さらに消化も良くなって体内ガスの発生を抑えられます。 
体内ガスはお腹の音だけでなく、ゲップやおならの原因にもなるので、普段からゆっくり食べるように心がけましょう。

・ 炭酸飲料を飲まない

満腹感が得られると勘違いしがちの炭酸飲料ですが、これもお腹の中にガスを溜めることになります。飲み物はコーヒーやお茶など嗜好品が胃の動きを弱める働きがあるので、胃が弱っていない時はこちらを摂るようにしましょう。

・ 規則正しい食生活をおくる

お腹が鳴るなら間食をすればいい、と考えがちですが間食は胃酸の働きを活発にして胃の負担が増えてしまい根本的な解決にはなりません。三食きっちりとり、特に朝ごはんは抜かないようにしましょう。
パンよりもご飯のほうが腹持ちがよく、特に玄米は血糖値の上昇が緩やかな低GI食品なのでおすすめです。
低GI食品は、豆類やチーズ、魚、肉類、といった栄養価の高いものが多いので、朝ごはんの副菜にちょうどよいですね。

いかがでしたか?しーんと静まり返った場でお腹が鳴りそうな時はぜひ試してみてくださいね。