湯冷めしたくない!冬場に髪を3倍速で乾かす方法!

お風呂でぽかぽかに温まっても、風呂上りに髪が濡れたままにしておくと湯冷めしてしまう…。しかし、いざ髪を乾かすとなると時間がかかって結局湯冷め…。そんな経験から、冬場の風呂上りを面倒に感じている人も多いですよね。今回は、髪を早く乾かすテクニックをご紹介します。

早く乾かすための下準備にタオルドライを

乾かす時間を短くするためには、ドライヤーを使う前に髪の水分をできるだけ少なくしておくことが大切です。そこで重要なのが「タオルドライ」。まずは3つの基本をおさらいしましょう。

1 洗髪後、手で毛束をきゅっと絞って、水気を切る。

2 バスルームから出たら、乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かすようにして地肌と髪の根元の水分をふき取る。

3 髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでポンポンとやさしく押さえ、水気をしっかり吸い取る。

タオルでごしごしこすると髪の毛が痛むので厳禁。 タオルの繊維が水分を吸ってくれるので、包み込んでふき取ってあげるだけで十分です。 乾いたタオルを何枚も使ってタオルドライを行うのもいいですね。湿ってくると水分を吸いにくくなるので、取り替えてしまいましょう。

このあとキッチンペーパーやティッシュペーパーで毛束を挟んで軽く押さえてあげれば、タオルドライで取り切れなかった水分までしっかり吸収でき、乾かす時間をさらに短縮することができます。

ドライのときは浴室、洗面所は避ける

入浴後の浴室や洗面所は、高温多湿になっています。換気が十分で湿気がたまっていない場所でドライを行うと効果的です。湿度が高い場所でドライヤーをあてても、乾いた髪に水分がつき、その水分をとばすために、またドライヤーをあてる……という無駄が生じてしまうのです。

タオルサンド法でもっと時間短縮

乾いたフェイスタオルを頭にかぶり、その上からドライヤーを当てて髪を乾かしていきます。 タオルに水分を吸収させ、ドライヤーで蒸発させるという原理で、タオルの中にカラッとしたサウナ状態を作り出すことができます。乾かす時間をいつもの半分ほどまで短縮できます!

しかも、ドライヤーの熱を髪に直接あてないので、熱のダメージも最小限にとどめることができ一石二鳥です。

根元から毛先に向かって乾かしていくこと!

ドライヤーで髪の毛を乾かすとき、毛先を中心に乾かしてはいませんか?

水分は上から下に下りてきます。髪の毛を乾かしている間も髪の根元にあった水分がどんどん下に落ちていくので、まず根元から乾かすようにしましょう。

乾かしたい部位を手で持って、裏側(下側)から上に風を当てる。もしくは、頭を下に向けて髪が逆立っている状態で裏側から髪を乾かす方が自然なボリュームも出るし、乾くのが早いです。

また、髪の多い人はブロッキングして乾かす方法がおすすめ。全体を上から乾かしていても、髪の多いと中まで乾きません。それよりも、跡がつきにくいヘアクリップなどで髪を何ブロックかにわけ、完全に乾いたら次のブロックに行く、ということを繰り返した方が早く乾きます。

仕上げは「冷風」で!

最後は冷風で仕上げた方が髪の艶が出やすいです。熱風だけだと、熱気で毛根から余計な汗や皮脂が分泌され、髪の成長を妨げてしまいます。

8-9割髪の毛が乾いた時点でドライヤーをストップしましょう。髪や頭皮に必要な水分まで奪ってしまうほど乾かすと、ドライヘヤーや頭皮のかゆみにつながってしまうからです。

コツさえつかめれば髪は手早く乾かすことができ、冬場のお風呂がより楽しみになります。 ぜひ試してみてくださいね。

ライター:神山拓生