気温差のある季節の服を上手に選ぶ方法

今日は寒そう…と思って厚着をしても昼間は暑くて汗をかいたり、天気がいいから…と薄着で出かけると夜に寒くて後悔したり。季節の変わり目は服装の判断が何かと難しいですよね。気温が不安定な季節は、一体どうやって服を選べば良いのでしょうか。

最高気温と平均気温で判断

服にはそれぞれ素材やデザインで保温効果が異なります。 昼と夜の気温差が激しい秋や春は、天気予報であらかじめ最高気温と平均気温をチェックしておくと、服装選びが比較的楽になります。

最高気温

・20℃~22℃ 半袖または薄い生地の長袖
・15℃~20℃ 秋物・春物のセーター、もしくはカーディガン等羽織るもの
・15℃以下  冬服
・10℃以下  コートやブーツ

日中の平均気温

・21℃~25℃ 長袖のシャツ
・16℃~20℃ カーディガン、ジャケット等羽織るもの
・12℃~15℃ セーター
・7℃~11℃  コート
・6℃以下   コートとマフラー

その日の外出の予定や活動時間帯を考慮して組み合わせると、暑すぎる、寒すぎる、という悩みが少なくなります。
また、「日本気象協会」のサイトには服装指数が出ているので、それをチェックするとひとめでどんな服装がよいか分かって便利です

体温調節の失敗は自律神経の乱れを引き起こす

暑ければエアコンでなんとかしよう…と考えがちですが、冷暖房で体温調節をしていると自律神経の働きが弱くなってしまいます。

また、季節の変わり目に風邪をひきやすいのは、単純に夜の寒さだけが原因ではありません。 昼間の服装の判断を間違えて汗をかきすぎると、その汗が原因で体を冷やしてしまい、風邪をひいてしまうのです。

特に、体温調節の機能が未発達な赤ちゃんや子供は、室温や衣類に気遣ってあげる必要があります。

小物ファッションで上手に体温調節を

実は体の中で体温調節ができない場所が4つあります。

それは、頭、首、わきの下、陰部。

わきの下や陰部は普段から服に隠れている場所なのであまり関係はありませんが、頭と首は外部に露出している箇所です。 そこで、帽子やマフラーを使うことで、かさばる衣服を持ち歩かなくても簡単に体温調節ができるようになります。

昼間暑そうな日はハイネックの服はさけて、ストールやマフラーで調整すると日中を快適に過ごすことができます。

体感温度も考慮に入れる

実際の気温よりも寒いと感じる「体感温度」。 寒さは「風が強い」「空気が冷たい」「日差しがない」の3つの要素に分かれます。 風が強い日は、天気予報の気温よりも少し低めに見積もったほうがよさそうです。 また、風を遮るような服装をすれば体感温度は上がるので、風を通さない素材の服を選んだり、体を包む面積が広い服を選ぶのもポイントです。

体感温度は髪型でも調節できる

女性でミディアム、セミロング、ロングヘアの人はヘアスタイルでも体感温度を調節することができます。

髪をまとめることで、1~2℃ほど体感温度が変わるといわれています。 昼間はシュシュやクリップを使えば髪に跡がつきにくいので、昼はおしゃれを楽しみながらアップスタイルで暑さを調節し、夜は髪を下ろして寒さ対策をするという手もあります。

着脱の多い季節の変わり目。 快適に過ごしつつ、ファッションやおしゃれも楽しみたいですね。