実は昔の流行!?「サザエさんヘアー」は実在した!

日曜日のお茶の間の癒し番組「サザエさん」。 あの独特な髪型はアニメならでは!と考えがちですが、実はこの「サザエさんヘアスタイル」は実際にあった髪型だったというのはご存じですか?

しかもこのヘアスタイルは、かつて日本で流行していたというのです。

正式名称は「モガヘアー」

モガヘアーは、1920年代(大正末~昭和初期)に西洋文化や風習が入り始め、新しいファッションや文化が取り入れた頃に流行したヘアスタイルです。

当時の最先端のファッションを取り入れた若者文化のことを「モボ・モガ」(モダン・ボーイ、モダン・ガールの略)と呼び、こうした流行を象徴する髪型として「モガヘアー」が誕生しました。

モガファッションの特徴は、服装は洋服、スカートは膝下丈、ルージュや頬紅、釣鐘型の帽子などがあげられます。 髪型でいうと、ショートカット(当時は結い髪がまだ残っていた時代)もモガの特徴のひとつでした。 サザエさんのようなパーマや、マニキュアなどは昭和に入ってからの流行になるとのこと。

ちなみに、サザエさんの連載がはじまったのは戦後直後。 つまり、サザエさんは流行の最先端を行く、オシャレなモガガールだったのです!

当時のパーマは高価だった

サザエさんヘアーを作るためには、パーマは必須。

今でこそ、ヘアサロンに行けば誰でも施術できるパーマですが、サザエさんの時代は電気代を大量に消費するもので、戦時下はカタカナを避けるために別名「電髪(でんぱつ)」と呼ばれていました。

サザエさんはオシャレなだけでなく、裕福な家庭だったのですね。

現代風の「モガヘアー」もアレンジで可能!

美容室、ヘアサロンによっては、「モガヘアー風」のヘアアレンジを作れるところもあります。

サザエさんのイメージが強い「モガヘアー」ですが、昔の映画に出てくる女優のような優雅なスタイルをモデルに、美しいウェーブやねじりの工夫を取り入れたレトロかつ現代風のヘアアレンジは注目されつつあります。

ヘアアレンジは結婚式やパーティー、着物といった和装にも使えるので、モダンでおしゃれな髪型に挑戦してみたいという方は、一度チャレンジしてみてはいかがですか?