ペット用品不要!犬猫の抜け毛をきれいにするお掃除活用術

犬や猫も毛の生え変わりの季節になってきました。愛くるしい彼らですが、抜け毛が服や家具について一日に何度も掃除しないといけない…と苦労している家庭も多いですよね。

トリミングやシャンプーは嫌がるペットも多く、お金もかかって自分でやるのは大変。ペット、人間ともにストレスになるので出来るだけ最低限におさえたいというのが本音です。

そこで今回はペット用品を使わずに家庭にあるものだけで出来るペットの抜け毛のお掃除方法をピックアップしてみました。

ゴム手袋でごっそり!

カーペットやラグマットは、掃除機だけではなかなか毛がとれません。 そういう場合はゴム手袋でゴシゴシとこすると毛がごっそりとれます。 コロコロやガムテープのような粘着性のものもよいですが、毎日マメに掃除するとなるとこれらの消費もばかになりません。

しかし、ゴム手袋なら100円程度で買えて、何度でも使えるので経済的。さらに、とった毛がきれいにまとまるので手間もかかりません。 実はこの方法は人の髪の毛も取れるので、マット類をキレイにするには一石二鳥のお掃除方法なのです。

タワシ・スポンジでごっそり!

靴洗い用のタワシや、普通のタワシを使ってもカーペットに絡みついた毛をとることができます。 くるくると撫でるようにしてタワシでカーペットをこすってみてください。たまった毛や埃がみるみるうちにとれていきます。

カーペットの表面に浮いたかきだした毛は掃除機で吸い取ってしまえばOKです。 面積が広くて大変、という場合はデッキブラシを使ってみてください。腰をかがめずに楽に掃除ができます。

また、使い古したスポンジを軽く湿らすのも有効です。 ソファや布製の小物など傷つけたくないものには、こちらを使うことをおすすめします。

しつこい毛や家具には柔軟剤を散布

上記の方法をさらに効率的にするのが、柔軟剤。水で薄めてスプレーで散布したり、スポンジやタワシにつけてお掃除をするとさらに毛がよくとれます。 柔軟剤には静電気防止効果があるので、テレビやパソコンのディスプレイなど毛がひっつきやすい家電を掃除する時にさらに効果を発揮します。

また、スプレーの細かな水滴は、空気中に舞い散った毛や埃をキャッチして落としてくれます。空気清浄機は高くて買えない、という人はこの方法を使ってみるとよいかもしれませんね。

服についた毛は手を濡らして取る

お出かけ用の服は、タワシや粘着テープで毛の処理をすると痛みが気になってしまいますよね。

そういう時は、手を少し濡らして服の表面をなでるだけで付着した毛が簡単にとれてしまいます。これからの季節は静電気が気になりますが、この方法を使えば一時的に静電気の予防にもなります。 静電気は犬や猫の毛が服につきやすい原因のひとつでもあるので、出かける前にさっとひと撫でするととても有効です。

タイツやインナーについた毛もみるみる取れるので、服を着るたびにペットの毛がチクチクしてかゆい…という人は試してみてください。

ペットの抜け毛予防も大事

いくらお掃除を手軽にすませても、そもそもペットの抜け毛が多い状態のままにしておくと本末転倒です。 毎日のブラッシングや毛並みのお手入れをこまめに行うことはもちろん必要です。

犬や猫は、夏は体温をためこまないための夏毛がはえ、涼しくなってくると保温のための柔らかくふわっとした冬毛に生え変わります。 また、種類によって毛の太さや抜ける箇所に差はあるものの、季節の生え変わりだけでなく常に生え変わります。

猫はひとつの毛穴から6本ほど毛がはえています。だいたい1センチ平方あたり平均600~700本の毛が生えていて、全体だと100万本以上にもなります。 これらの毛が約3か月程度で抜けかわっていて、それが正常な状態なのです。

むしろ「抜け毛があるのは健康な状態」と考えて抜け毛対策に取り組むと、世話に対する飼い主の精神的な負担も軽くなります。

シャンプーは抜け毛をごっそり落とすには一番の方法です。 毛の生え変わりの多い時期を見計らってすれば、回数も少なく後々のお手入れも楽になります。 また、皮膚が健康な犬であれば、服を着せてあげるのもよいですね。

アレルギー防止のために濡れタオルで身体を拭く

愛するペットとは快適に長く一緒にいたいですよね。そこで怖いのがペットアレルギー。これを防ぐためには、週に1回ほど固くしぼった濡れタオルでペットの身体を拭いてあげるのが有効です。 犬や猫の唾液はアレルギーの原因となるので、ブラッシングを行ったあとに毛についた唾液をタオルで拭きとってあげましょう。

シャンプーのように直接身体を濡らすわけではないので、ペットもそこまで嫌がりません。お尻まわりの毛をカットしたり、汚れた箇所だけお手入れしておくのもよいですね。 また、もしもアレルギーになってしまっても、マメに掃除をしてペットの身体を清潔にしていれば症状は抑えられるのです。

家族のいち員でもあるペットの抜け毛対策をしっかりして、どちらにとっても快適な冬をむかえたいですね。