美容室のヘアカラー。「高い」「安い」の差はどこで出る?

美容院の形態や価格設定というのは、美容院ごとに様々です。だいたいの「相場」はあっても、やはり「料金が安い店」と「料金が高い店」というのはあります。ではこの「価格の違い」はどこで出るのでしょうか?

今回のお悩み「カラーの安い、高いはどこで決まる?」

カラーの安いお店と高いお店、違いがあるんですか?(16歳 男性)

「実は質にはそれほど差はない」という声と「差がある」という声

「使っているカラー剤はそんなに値段が変わらないので違いはあまりないと思いますが、高い料金のお店にはこだわりがあると思いますよ!
・カラーをする前に前処理をして傷ませない
・後処理で退色を防ぐ処理をしてくれる など…
そのこだわりはきっと、そのサロンのHPを見れば分かると思いますよ。」(兵庫県 Clip emu)

「使用するカラー剤の品質が良い場合や、髪の毛が失った栄養分を補給しながら施術するお店はカラー料金が高いです。料金が安いお店は、その逆と考えて良いのではないでしょうか。」(愛知県 ALPHA CUT ファッションワン店)

コストカットとサービス

「周りの美容室を見ると、安い店の共通点に気づくかと思います。安いフランチャイズ店は少しでも利益を出すために元々安い材料をまとめて仕入れて、さらにコストメリットを出しています。そこに大きな違いがあると思います。」(栃木県 Be-Posh Jasper)

「薬の違いはそこまでないと思いますが、技術や接客においての差はあると思います。」(岐阜県 Birthday)

品質、大量仕入れ、サービス

「品質の違いはある」「品質の違いはない」は、5:1で、「ある」としている意見が優勢でした。特に、トリートメントなどについて言及している意見が多かったです。

その他には、「チェーン店などは大量に仕入れ、かつ、お客様も大量に接客できるので、結果的にコストダウンが図れる」「ドリンクや行き届いた店内環境などのように、サービスの面で違いが出る」という答えも多くみられました。

カラーリングの費用が高いか安いかという違いは、「その美容院が良いか、悪いか」ということとはイコールではありません。自分が求めるクオリティや目的というものによって、「自分にとって最適なお店」というのは変わってくるからです。

また、「安いからといって色むらなどがひどいか?というとそんなことはない」「価格よりも自分に合った担当者を選べるか、ということのほうが問題」という答えも。自分にとってベストと思えるお店、探したいですね。

■このお悩みホットライン
質問です