肌が弱くて頭皮ダメージが心配…ヘアカラーはできる?

髪の毛を染めるというのは、それだけで肌へのダメージになってしまいます。しかし「肌が弱いからまったく髪の毛で遊べない」というのも、何とも悲しい話。そこでここでは、「肌が弱いけれど、カラーにすることはできるの?」という質問に答えていこうと思います。

今回のお悩み「肌が弱いけどカラーをしたい。できる?」

肌が弱いのですが、カラーをすることで頭皮へのダメージがあるのではないか心配です。基本的な質問になってしまいますが、不安なので大丈夫かどうか教えてもらえますか?(24歳 女性)

パッチテストをしてみよう!

「パッチテストと言うアレルギーテストがあります!腕の裏側にカラー剤を少量つけて、生活に支障をきたさないように上から絆創膏を張ります。そのまま48時間置いて、かぶれないかチェックする方法です。不安ならやってみてください!多分、美容院でしたらどこでも無料でやってもらえると思いますよ!!」(東京都 avanti)

「まず、カラーはパッチテストをする必要がありますので、サロンでお願いしてください。大丈夫であれば、美容師さんに頭皮につけないようにとお願いしてカラーをしてもらってください」(兵庫県 avien 打出店)

頭皮につけずにカラーリングもできる

「最近は、お肌が弱い方が増えています。なので、美容室でも地肌に薬剤をつけないで塗布できるサロンも増えていますよ。その方法だったらお肌を気にすることはありません。私のサロンでもそういう方が結構いますが、荒れた方はいないのでサロンに確認してみては?」(大阪府 Anela)

「僕も肌が弱いので分かります!!今の美容室のテクニックなら、頭皮につけずにカラーすることもできますよ。あと頭皮にカラーの浸透を抑える保護オイルがありますので、試されてみても良いかと思います。ちなみに頭皮の保護スプレーの名前ですが、ミルボン・スキャルプサポートオイルです。」(滋賀県 TIARA dea)

■このお悩みホットライン
肌が弱い