美容師に聞く!傷んだ髪にトナーカラーをしても大丈夫?

トナーカラーは髪の傷みを最小限に抑えられるとよく聞きますが、ブリーチで傷んだ髪にトナーカラーをしても、髪のダメージを抑えることはできるのでしょうか?全国の美容師に答えていただきました。

今回のお悩み「ブリーチで傷んだ髪にトナーカラーをしたら、髪はさらに傷みますか?」

ブリーチなどで髪が切れてすごく傷んでいます。カラーをしないとキレイに見えないので、美容師さんにトナーカラーをオススメされました!トナーカラーは髪が傷まないのですか?
(女性 21歳)

トナーカラーは傷みが少ない

トナーカラーは全く傷まないというわけでは無いけれど、傷みは少ないという回答がたくさん上がっていました。

「トナーは弱アルカリ、低アルカリなので新生毛には反応はほとんどせず、色の抜けているところに色素が入る感じです。分解成分をあまり含まないので傷みにくいと思います。」(東京都/練馬 Hair studio 1st)

「トナーカラーは通常のヘアカラーに比べ低刺激ですが、全く傷まないとは言い切れません。」(大阪府/大阪 hair&make KOKORO)

「傷まなくは無いですが、傷みが少ないので最適だと思います。後は家庭でのヘアケアをしっかりして頂くことが大切だと思います。」(愛知県/名古屋 Re:sort)

「トナーでも傷まないことは無いですが、色味だけ入れて傷みもかなり抑えられます。」(京都府/京田辺ETERNAL rush )

トナーカラーは色持ちがあまりよくないという側面も

トナーカラーは髪への負担が少ない反面、色持ちがあまりよくないという回答が多く見られました。

「トナーカラーは既に明るくなっている所に色素だけを入れる方法で、髪への負担はあまりなく、安心してご利用頂ける反面、色持ちがよくないという側面があります。」(東京都/北 ヘナ・ファクトリー 十条店)

「トナーはダメージをかなり少なくできるのでいいですが、色落ちはやや早くなります。」(大阪府/大阪 HAIR&MAKE EARTH 上本町店)

「トナーカラーが1番傷まない方法だと思います。ただカラーの色持ちは普通のカラーより短いと思いますので、前処理剤やトリートメントなどのケアも併用してあげたほうがいいと思います!」(愛知県/名古屋 cache cache)

今後のヘアケアについて担当美容師と相談を

髪の傷みを抑えるためには、担当の美容師と今後のヘアケアについてじっくり相談することが大切という回答が上がっていました。

「今後、どの方法でカラーをなさるか、担当の美容師さんとじっくりとご相談されることをオススメいたします。」(東京都/渋谷ヘアメーク シージャ)

「長期的に悩みのない髪を守るために、カット&カラー&パーマ施術を妥協なく取り組める美容師との出会いが、必要不可欠かと思います。」(兵庫県/神戸 MAO hair)

いかがでしたか?トナーカラーで髪が全く傷まないということは無いようですが、髪の傷みを最小限に抑えることはできそうですね。髪の傷みが気になるときには、担当美容師にしっかりと髪の状態を確認してもらい、美しい髪の維持に努めていきましょう!

■このお悩みホットライン
髪が傷みすぎ