美容師に聞く!効果的なトリートメントの仕方って?

髪の傷みの補修には、トリートメントが欠かせないですよね。どのようなトリートメントの仕方をすれば、効果が出るのでしょうか。全国の美容師に答えていただきました。

今回のお悩み「効果のあるトリートメントの仕方ってありますか?」

効果のあるトリートメントの仕方ってありますか?髪の傷みが気になるのでトリートメントをしているのですが、いまいち効果が出ているのか分からなくて…。せっかくトリートメントをするなら、しっかり効果を出したいと思っています。
(女性 28歳)

サロントリートメントを長持ちさせるためには、シャンプー選びが大切

サロントリートメントは2、3週間で効果がなくなるため、より長く持たせたいなら洗浄力の弱いシャンプーを使うことが大切という回答が上がっていました。

「お店で行うシステムトリートメントは、長く持っても2・3週間ぐらいで効果が無くなります。お店のトリートメントを長く持たせたい方は、洗浄力の弱いシャンプーで洗うのがオススメです。例えばカラー用のシャンプーだったり、弱酸性のベビーシャンプーが良いと思いますよ!」(岐阜県/大垣 モッズ・ヘア 大垣)

「サロントリートメントの効果を持続したいということでしたら、ご自宅でのシャンプーにこだわってみてください。どれだけ良いトリートメントをしても、シャンプーで削ってしまっている方がほとんどです。ダメージのある方こそシャンプーが大切です!」(大阪府/大阪 hair&make KOKORO)

トリートメントを塗布したら、しばらく時間を置いて

トリートメントをつけたら、蒸しタオルをしたり、湯船につかったりしてしばらく時間をおくと、浸透力がアップするという回答が多く見られました。

「トリートメントはダメージのある毛先中心にまんべんなくつけます。その後に、ラップもしくは蒸しタオルなどで髪を覆ってあげてください。そのまま3~5分ほど時間をおきましょう。保温効果でどんどん髪の中に栄養が入っていきます。流す前に少量のお湯をチャパチャパと髪に馴染ませ、髪がトロトロしてきたら流して下さい。トリートメントは粒子でできているのですが、髪の中に入り込んだトリートメントがお湯を吸って大きくなり、髪にとどまってくれます。」(東京都/目黒 Hair Make MUSE 自由が丘店)

「効果的なトリートメントのつけ方として、髪に行き渡る分子量が決まっているため、なるべく髪の水分をとってからトリートメント剤を塗布すること。トリートメントをつけたまま湯船につかるのも浸透力アップで効果的です!ダメージのある毛先にしっかりと揉み込むように。」(東京都/中央 AMARE)

「まず髪の毛の水気をタオルで取り、トリートメント塗布。クシを使ってコーミングした後、水気を取ったタオルを頭に巻き、お風呂に入り5分くらいしたら流す!これでお使いのトリートメントの効果を最大限発揮できますよー!」(東京都/町田 avanti)

アウトバストリートメントでさらに効果アップ

髪を乾かす前に、アウトバストリートメントをつけると、さらに効果が持続するという回答が上がっていました。

「いつもよりちょっとだけ毛先にトリートメントを残してあげ、さらにアウトバストリートメントをつけてあげるといいですよ。」(東京都/中野 ie'e HAIR BOTANICAL COFFEE)

「髪の毛を乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつけてすぐに乾かせば、流出もしづらくなるので、より持続します。」(神奈川県/横浜 urupool)

いかがでしたか?シャンプーの洗浄成分にこだわったり、トリートメントの塗布後にしばらく放置をして浸透力をアップさせたりすることで、トリートメント効果がアップするようですね。トリートメントの仕方がよく分からないという場合は、担当美容師に相談してみるといいでしょう。

■このお悩みホットライン
トリートメント