美容師に聞く!くせ毛で髪の量が多い。パーマのパサつきを抑えるには?

髪の量が多いと、スタイリングにも時間がかかって大変ですよね。髪の量が多いくせ毛で、デジタルパーマをかけた後の髪のパサつきが気になる場合は、どのようにセットしたらいいのでしょうか。全国の美容師に答えていただきました。

今回のお悩み「髪の量が多いくせ毛で、デジタルパーマをかけているのですが、どうしたら髪のパサつきを抑えて上手にセットできますか?」

私はくせ毛で髪の量が多く、1本1本もしっかりしています。普通のパーマではすぐとれてしまうので、いつもデジタルパーマをかけているのですが、どうしてもパサついて束感もなくもっさりしてしまいます。

パサつきを抑えるため杏油をタオルドライ後につけていますが、どうしたら上手にセットできるのでしょうか?
(女性 21歳)

デジタルパーマは熱をあてるので、パサつきやすい

デジタルパーマは熱をあててかけるので、若干、髪がパサつきやすいという回答が挙がっていました。

「デジタルパーマは普通のパーマとは違い、熱をあててかけるパーマなので、毛先は乾燥しやすくなります。サロンでパーマをかける際のダメージを軽減させる処理剤(トリートメント系)が必要な場合もありますし、髪の毛量が多いとパーマが出にくくなりますので、カットなどのメンテナンスも必要になってきます。」(京都府/京都 ピース 千本店)

「デジタルパーマは熱でかけていくので、持ちは良いのですがパサつきやすいです。保湿性のあるシャンプー&トリートメントを使うか、美容室でトリートメントするのもおすすめです。最近では、傷みにくいプルームという水蒸気デジタルパーマが良いですよ。」(埼玉県/ふじみ野 ヘアーメイク オズ)

クリームタイプの洗い流さないトリートメントや軽めのワックスなどを使っても

毛先のパサつきが気になる場合は、クリームタイプの洗い流さないトリートメントや、軽めのワックスなども使ってみてはどうかという回答が多く見られました。

「パサつきが気になるようでしたら、洗い流さないトリートメントはオイル系のものより、クリームまたは乳液タイプの物をおすすめいたします。ただ、ものによってはしっとりし過ぎてしまってベタつく恐れがありますので気をつけてください。重さが気になるようでしたら、今あるオイルをドライの後にも少量つけてみると、まとまりがでてツヤのある髪になると思います。」(埼玉県/春日部 GRANT kasukabe)

「スタイリングに軽めのテクスチャーのワックスなどつけると良いとおもいます。」(北海道/北見 PLUS:e)

「セットは濡れている時にモロッカンオイルをつけて、ドライヤーで乾かし過ぎずに半分乾かしてスタイルを作ります。その後、自然乾燥すると上手くいきますよ。」(埼玉県/ふじみ野 ヘアーメイク オズ)

「セットはタオルドライ後、流さないトリートメントをつけたら、はじめに根元を中心に乾かし、ある程度乾いたら耳前と耳後ろで半分に分けます。内側にねじって乾かすと縦状のカールが出てきます。」(京都府/京都 ピース 千本店)

髪の量が多いくせ毛には、ストカールもおすすめ

髪の量が多く、くせ毛の場合は、縮毛矯正かストレートパーマをかけ、毛先にのみデジタルパーマをかけてもいいのではという回答が挙がっていました。

「くせをお持ちの髪質の方は、内部の水分量が元々不足している場合が多く、デジタルパーマによって、さらに水分がとんでいる可能性があります。そのため必要なところにカール、おさめたいところにはストレートのストカールがいいように思われます。」(大阪府/大阪 Rever hair make)

「おすすめは縮毛矯正で、毛先にコテパーマをかけるのはいかがでしょうか?」(大阪府/堺 Hair’s guest house Sunny&moon)

いかがでしたか?髪の量が多くパサつきの気になる髪でも、スタイリング次第で、まとまりのある髪になりそうですね。ヘアケアの方法で分からないことがあったら、ぜひ担当美容師に相談してみてくださいね。

■このお悩みホットライン
デジタルパーマのパサつき