美容師が教える!きれいな内巻きブロー術

しっかりブローをしていても、毛先がはねてしまうことがありますよね。この外巻きを、ブローでキレイな内巻きにすることはできるのでしょうか?全国の美容師に答えていただきました。

今回のお悩み「毛先が毎日はねてしまうのですが、ブローで上手く内巻きにすることは可能ですか?」

現在、ショートからセミロングくらいです。毛先が、毎日別の方向にはねています。上手く内巻きになればいいのですが、いつも外巻きになってしまって…。この頑固な外巻き髪を内巻きにするにはどうすればいいでしょうか。ブローで上手く内巻きにすることは可能ですか?
(女性 19歳)

上手な内巻きブローの方法を覚えて、毛先のはねを防ぐ

前に向かって乾かす、根元を立ち上げるように乾かすなどブローの方法を覚えるといいのではないかという回答がたくさん挙がっていました。

「前髪、トップ、全体の順で70%くらい乾かしたら、下を向き頭のてっぺんからドライヤーの風を当てます。そうすると、頭の丸みで自然な内巻きになります。」(東京都/渋谷 FIX-UP 表参道店)

「いつも後ろに乾かしてますか?それなら少し下を向いて後ろから前に乾かして、もみ上げは真上に上げて根元を立ち上げてあげれば、自然とCカールになると思いますよ。」(神奈川県/横浜 Hair Salon GIFT)

「ハネてしまうところの根元をしっかり水で濡らしてから、地肌に熱をあてながら前に向かって引っ張りながら乾かしてあげると、おさまりやすくなります。また毛先をクルクルと内側にねじりながら乾かすと、内巻きに入りやすくなります。」(東京都/町田 Hair Make APICAL)

「髪の毛の1つの性質として、毛先は根元の部分と逆に動くという性質があります。ですから外ハネしてしまうからと、上から押さえつけるようにドライヤーの風をあててしまうと逆効果になってしまいます。髪を乾かす時に、下から根元を立ち上げるように風をあてて、その後、内巻きにブローをしてあげるとはねにくくなるはずです。」(東京都/目黒 アトリエROYM)

内巻きブローをしてもハネてしまう場合は、毛先に軽くパーマを

毛先に軽くパーマをかけるといいのではないかという回答が多く見られました。

「乾かし方によっても内巻きになりやすくもなりますが、軽くパーマをかけると、スタイリングはしやすくなりますよ。」(東京都/世田谷 Casa)

「毛先にパーマを軽くかけると、扱いやすくなりますよ。」(東京都/世田谷 Atelier ash祖師谷大蔵)

カウンセリングで、髪質や生え癖などを見てもらおう

美容院に行った時に、カウンセリングで、しっかりと髪質や生え癖などを見てもらうことが大切という回答がありました。

「まずは
・ベースはしっかりカットされているか
・求めるスタイルに対しての毛量調節、質感の入れ方は的確にされているか
・生え癖はどういった状態か
・ブローや乾かし方、セット方法はどうされているか
などを、カウンセリングで伺ったり拝見させていただくと明確なアドバイスができます。」(東京都/世田谷 gally)

いかがでしたか?毛先がハネてしまう場合は、丁寧に内巻きブローをすることで防げるようですが、どうしてもハネてしまう場合は毛先に軽くパーマをかけるといいようですね。

上手くスタイリングできないと悩んでいる場合は、早めに美容院で相談してみましょう!

■このお悩みホットライン
毛先がはねる…