自分で失敗せずに前髪を切りたい!上手なカットの方法とは?

前髪ならセルフカットできるかも…と自分で前髪のカットをして、失敗してしまった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。実は、自分で前髪を上手にカットするのは、とても難しいことだと言われています。

失敗せずにキレイに前髪を整えるためには、どのようにカットしたらいいのでしょうか?全国の美容師に答えていただきました。

今回のお悩み「前髪を失敗せずに切るコツを教えてください」

自分で前髪を切る時のコツを教えてください。流すようにしたいのに、いつも「ぱっつん」になって失敗してしまいます。くせっ毛なので毎朝ブローするのが大変です。ちなみに前髪の量は少なめで、汗をかくとすぐ束になって分かれてしまいます。
(女性 17歳)

髪は乾くと短くなるので、カットするなら乾かしてから

前髪のセルフカットは、乾かした状態で縦にハサミを入れるのがポイントという回答がたくさんありました。少しずつ慎重にカットしていくことが大切のようです。

「必ず自然に乾かした状態でカットすること。カットする範囲は広くとりすぎず、黒目のはじ(目尻側)くらいまで。ハサミを縦にいれパッツン感をだしにくくすること。」(東京都/自由が丘 ALICe by afloat)

「短くし過ぎないため髪を引っ張りすぎない、濡らして切る時には少し長めに切るイメージで切る。(乾くとふんわりして、短く見えます)」(東京都/赤羽 total beauty hair R)

「髪の毛は濡れていると長くなるので、乾かしてから切ってくださいね!ハサミは横にして切るとバツッとした感じになるので、縦に入れると馴染みがいいですよ!」(東京都/表参道 mazele hair)

「前髪は難しいし、ミスすると印象を変えてしまいますよね。失敗しないコツは、まずハサミを縦に入れて下さい。横に入れるとラインがしっかり出やすいので縦に入れることをおすすめします。もう1つは、切る際に少し持ち上げておでこから離して切ってあげてください。そうすると、レイヤーが入るのでやわらかく切れます。難しいと思いますが、頑張ってみてください。」

髪は短いところから長いところへ流れるということを意識してカットする

髪は短いところから長いところへ流れるので、流したい方を少し長めにカットするといいという回答が多く見られました。

「流すように自分でカットは難しいかと思いますが、髪の毛は短いほうから長いほうへ流れるので、乾いた状態でなるべく縦にハサミを入れて少しずつ切ると、ぱっつんになりにくいかと思います。すぐ分かれてしまう場合は、前髪の量が増えるよう厚みをとってあげるとブローされる時も扱いやすくなると思います。」(神奈川県/新丸子 Cherish)

「髪の毛の性質上、短いほうから長いほうに流れやすくなっています。ですから極端にではなく、若干流したいほうにいくにつれて長くするといいと思います。あとは少し段差をつけてあげると、下の毛を押さえつつ丸みのある可愛い前髪になるので、少し前に引き出して切るといいです。」(東京都/武蔵境 レブリィ 武蔵境店 (ZENKO group))

失敗せずに前髪をキレイに整えたいなら、美容師にお任せするのが一番

前髪をキレイに整えるためには、やはりプロの美容師に切ってもらうことが一番の近道、という回答が多く挙がっていました。

「自分で前髪を切るのは、難しいですよね!ご自分で切る時は長さをちょっと修正する程度くらいでしたら問題ないと思いますが、流すように、となるとなかなか大変です。おでこの角度、生え方、髪の硬さ、どれぐらい流したいのかによって全部変わるからです。もともと流れやすい髪でしたら自分で切っても流れるのですが、くせもあるみたいなので、流れにくい髪なのかもしれません。前髪は失敗すると取り返しがつかないので、前髪カットだけでも美容室に行くことをおすすめします。」(兵庫県/摂津本山 noix de coco)

いかがでしたか?乾いた状態でカットする、縦にハサミを入れるなど自分で前髪をカットする時にいくつか押さえておきたいポイントをご紹介しましたが、失敗せずに前髪をカットするのはなかなか大変なことだと思います。

前髪をキレイに整えたいなら、やはり美容院でのカットが一番おすすめです。ぜひ行きつけの美容院で、前髪カットについて相談してみてくださいね。

■このお悩みホットライン
前髪