自分で切るのはちょっと待って!ギザギザ前髪の難易度

芸能人などが時々している、「ギザギザの前髪」。これに憧れる人もいるのではないでしょうか。今回は、この「ギザギザ前髪」の特徴とポイントをご紹介します。

ギザギザ前髪は難易度高し?!

前髪というと、きれいに切り揃えるのが一般的です。そのため、ギザギザの前髪をあえて作るというのは、なかなか勇気のいることです。

ギザギザ前髪は、実はかなり難易度の高いものです。その理由はいくつかありますが、

(1)単純に不揃いに見え、周囲の人から「前髪、失敗したの?」と聞かれる可能性が高い
(2)手入れが思いのほか大変で、きちんとしないと、とてもみっともなく見える
(3)伸びてくるとみっともなく見える

代表例として挙げられるのは、このような点でしょう。

しかし反面、ギザギザ前髪はとても個性的に見せることのできる髪型でもあります。きちんと手入れし上手に「見せる」ことができれば、とても垢抜けた印象を与えてくれるでしょう。

また単純に「ギザギザ前髪」と言っても、後ろ髪との組み合わせを考えることにより、女の子らしい髪型からマニッシュな髪型まで作ることができます。ボブやショートとギザギザ前髪の組み合わせは、特に人気のようです。

ギザギザ前髪は基本的には社会人の女性には難しく、学生さん向き。「学生時代しかできない髪型」を思い切り満喫できちゃいます!

ギザギザ前髪の作り方って?

それでは、ギザギザ前髪はどのように作るのでしょうか。以下で、簡単にご紹介します。

1. 前髪の表面を分けとり、ヘアクリップ等で留めておく
2. 毛先2cmくらいのところから、斜め下に向かってハサミを入れる
3. ハサミを入れる位置を動かして何度か繰り返す
4. バランスを見ながら、ギザギザの深さを変えたりしましょう
5. ある程度ギザギザになったら表面の髪を戻す
6. 表面の髪をつまんで、少し毛先を削ぐ
7. スタイリング剤をつけて毛先のまとまりを作り、ギザギザのニュアンスを出す

ギザギザ前髪は、基本の前髪セルフカットとは違った作り方になります。普通、前髪を自分で切るときは下から縦にハサミを入れる方が多いと思いますが、ギザギザ前髪では斜め上からハサミを入れることになり、慣れていないととても難しいです。

もし、どうしてもセルフカットでギザギザ前髪を作りたい場合は、バランスを見ながら、慎重に切るようにしましょう。

ギザギザ前髪を作るなら美容室へ!自分でやるのは危険かも

ここまでセルフカットのやり方を解説しましたが、理想的なギザギザ前髪を作る時のポイントは、なんと言っても「美容院に行く」ことにあります。

上記でも触れたように、ギザギザ前髪は不揃いに見えてしまいがち。セルフカットで作ることも可能ですが、バランスを取るのが難しく、失敗した場合には取り返しのつかないことに。「きちんとした」ギザギザ前髪を作ることは、まっすぐな前髪を作ることの何倍も難しいのです。自分では上手くできたと思っても周りの反応は「ああ、自分でやって失敗したんだな」というものになってしまう可能性が極めて高いのです。

そのため「普段、前髪は自分で切っている」という人であっても、ギザギザ前髪を作る際は美容院に行くことをオススメします。

この時は、しっかりと「ギザギザの前髪を作りたい」と伝えること。できれば切り抜きなどを持っていき、できるだけ正確な情報を伝えるように心掛けます。また、後ろ髪とのトータルコーディネートをお願いしましょう。

ギザギザ前髪は、伸びてくると手入れが大変。そのため近所の美容院など、通いやすい美容院を選ぶのも1つのポイントです。

オシャレで可愛いギザギザ前髪を手に入れるために、ぜひプロにお任せしましょう!