前髪カットを上手にするポイント

前髪カットは、顔全体の印象に大きく影響を与えるので失敗したくないところ! でも、やった人には分かると思いますが中々難しいものなんです!そこで今回は、上手に前髪カットが出来る方法をご紹介していきます。

1.前髪の範囲に目安をつけよう!
2.切る量を想定して一度シュミレーションを立てよう
3.長さと切る幅を間違えないようにしよう!

これが大まかな切る前に大事な準備です。これを抑えておくことで、「切りすぎた!」ということは無くなるので、いきなりはさみを要れずに、事前にチェックをすることをお忘れなく。 この際に「ヘアピン」で髪の毛の左右を止めて、前髪だけが下がる状態を作っておくとわかりやすくチェックしやすいのでオススメです。

ハサミを入れる際は鏡でハサミの向きをチェックしよう!

自分で鏡を見てやる場合…慣れていないとこれが難しいんです! 多くの方にある失敗が、ハサミの向きと鏡で見ている自分の中で「ずれ」が起きて切りすぎてしまうということ。これは非常に避けたいところ。

まずは、鏡をみてはさみを入れるシュミレーションを立ててみましょう。その際にクシを使って実際にハサミが使えるような準備をしておくと切る際に上手くいくのでオススメです。

目安よりも2センチ長くが成功の鍵!

乾いている状態、濡れている状態で見た目も多少異なります。カットする際は多少「長め」に行うと成功しやすいでしょう。

また失敗を無くす為にも、あえて「長く」することが成功の秘訣です。 最初に、切りたい長さの目安を作ったら、少し長めに設定をして切っていきましょう。

前髪を切る前に用意しておきたいアイテムとは?

前髪をカットする前には、アイテムもしっかりと準備しておく必要があります。

大きめの鏡
ハサミ
ヘアクリップ
クシ

これらは最低必需品です!これを準備しておかないと殆どが失敗するので注意してくださいね。

前髪を切るということは、顔の印象を作るものでもあるので気をつけましょう。 また全体的な長さと対照的に取らないとバランスが悪くなって、かなり変になっちゃうので、ロング・ミドルの場合は更に事前のチェックをしっかりとしておいたほうがいいでしょう。 何度も言いますが「少し長めにカットする」ということが最大のポイントです!前髪カットを行う際は注意しておこないましょう。