就活にぴったりの前髪作り、女性の場合はどうする?

就活は、人生における大事な試験でもあります。職業は人生においてとても大きなファクターを占めますから、自分の就きたい職業や入りたい会社にできるだけ良い印象を持ってもらって、就職戦線を勝ち抜きたいもの。

そしてその時に重要になるものの1つが、「身だしなみ」です。身だしなみは、社会人にとってとても大切なものです。特に女性の場合は、重要です。そこでここでは、「女性バージョン、就活にぴったりな前髪の作り方」をご紹介します。

前髪の作り方、その基本を知っておく

就活にぴったりな前髪は、女性の場合「眉毛を出すこと」だと言われています。眉毛の下まで髪の毛があると、どことなく内向的で陰気な印象を与えてしまいます。

これは、眉が意外なほどはっきりと「その人の表情を伝えるツール」」だからです。眉毛の上げ下げによって表情は大きく変わりますし、この「快活さ」は就活での大きな武器になります。

このため就活の時は「前髪の長さを眉より少し上に揃える」、もしくは左右に流すようなスタイルにするのが望ましいと言われています。しかし、おでこを完全に出すのは控えておいたほうが良いでしょう。客室乗務員や化粧品売り場のマネキンさのように、すこし斜めにタイトにすると、「出来る女性」を演出できます。

NGはこんな髪型

上記では、「眉毛の下まで髪の毛があると、内向的で陰気な印象になる」としました。しかしそれ以外にも、NGとなる前髪があります。

まず、「ギザギザ前髪」です。オシャレで垢抜けた印象を与えるギザギザ前髪ですが、あなたの面接を担当する面接官は、多くの場合40代以降です。

この世代にとって、ギザギザ前髪は単純に「不揃いな髪型」「いい加減な髪型」にしか見えません。遊び心が多すぎて、社会人としては望ましい髪型とは言えないと判断されてしまうでしょう。

また逆に、「ぱっつん前髪」もあまりよくありません。これは流行に影響されている髪型に見えますし、何より重たく見えてしまいます。

就活をする学生の場合、多くが黒髪、もしくはそれに近い茶色の髪ですから余計に重たく感じられます。ギザギザ前髪もぱっつん前髪も、学生時代に卒業しましょう!

なお、これは「NG」というよりは「気を付けておくと良い」という程度の話ですが、前髪をピンで留める際は、耳の上などの目立たない場所で、黒いアメピンで止めると良いでしょう。アパレル系などでなければ、カラフルなピンや目立つヘアクセサリーは避けるべきです。

前髪の与える印象は、思いがけないほど大きいもの。就活にぴったりな前髪を作って、就活戦線を突破しましょう!