40代、前髪は作る?作らない?40代からの前髪指南

女性にとって「髪の毛」は非常に大きなアピールポイントであるのと同時に、悩みのタネであると言えます。どんな長さにするか、どんなカラーにするか、どんな髪型にするかで印象は大きく変わるからです。このため、オンとオフで髪型を変える女性も多いのです。

今回は、特に「40代からの前髪」に焦点をあてたいと思います。

基本の「き」、前髪が与える印象と年齢について

まずは基本を押さえておきましょう。

前髪をおろすと、基本的には幼くて若々しい印象を与えます。前髪は「かわいらしさ」を演出することもできるため、ヤミツキになる人も多いようです。逆に前髪をアップにすると、セクシーで大人っぽい印象を与えます。クールさを演出することも得意ですから、オフィスなどにも向いています。

さて、このように「かわいらしくフェミニンな印象」を醸し出す前髪。年齢が気になってきた40代だからこそ、効果的に利用したいもの。しかしながら、20代までのように前髪をぱっつん切りしてしまうと、「年甲斐もなく…」「若作りが痛々しい」というイメージになってしまいがちなのです。

また重さの残る前髪を横に流すスタイルも、学生のような違和感を与えてしまいます。

40代以降の正しい前髪術

40代以降で前髪を作る場合のキーワードは、「束感」と「ナチュラル感」です。

ある程度、前髪に毛束感を出すことにより、「年に似合わない若作り」というイメージから「年を感じさせない髪型」に早変わりします。

また40代以降の前髪作りでは、「がっちりハードに固めている」「一直線に切ってこまめに手入れしている」という感じを抱かせるのはマイナス要素。むしろ「ナチュラル感」「計算されていない無造作感」を出すことを心掛けた方が良さそうです。

あえて長めのギザギザ前髪を作ったり、サイドに優しく流したり、あるいは空気感を感じさせる前髪にしたりと、「キメすぎていない前髪」を演出することがとても大切です。

40代以降で変わってくるのは、お肌の手入れだけではなく髪の毛の手入れもそうです。「年に似合わず痛々しい」「年よりも老けて見える」、この2つの悩みを両方とも解決するために、「ナチュラルだけど、手抜きに見えない」前髪の作り方をマスターしておきましょう。

ちなみにカラーは、明るすぎない茶色をいれておくとよいでしょう。落ち着いたブラウンは、若々しさと落ち着き感、両方の演出に効果的です。