メンズの縮毛矯正ってどんなヘアスタイルがあるの?

頑固なくせっ毛に悩んでいる男性の中には、縮毛矯正を試してみたいと考えている方も多いことでしょう。しかし、縮毛矯正をすると不自然な髪型になってしまうかもしれない、という不安を抱えている方も少なくありません。

ここでは縮毛矯正とはどのようなものなのか、縮毛矯正でできるメンズのヘアスタイルなどについてご紹介します。

縮毛矯正とはどのようなものなのか?

縮毛矯正とは、液剤と熱を使って縮れた髪の毛を矯正することです。ストレートパーマとの違いとしては、縮毛矯正の方がより効果が長く続く強力なものとなります。

パーマは時間が経つと自然と効果が落ちてきて元通りのクセに戻っていきますが、縮毛矯正は矯正した部分が半永久的に直毛になることもあります。

自分で縮毛矯正やストレートパーマをかける人もいますが、あまりおすすめはできません。なぜなら、自分の髪の毛のどこにクセがあるのか、どの程度矯正をすればよいのかなどは自分で判断することが難しいためです。

素人が自分で行うと失敗をしてしまう恐れがあるため、縮毛矯正をするときはプロと相談して行うことが望ましいでしょう。

ナチュラルショートの作り方と魅力

清潔感があって女性受けもよく、お堅い場に出ても場違いにならないということから人気のある髪型です。

くせっ毛の方にとっては短い髪型はクセが強く出やすいため、ナチュラルな雰囲気を作ることは難しいですが、適度に縮毛矯正をかけることでナチュラルショートを作れるようになります。

縮毛矯正をするとボリュームが減ってこけし風になってしまい、不自然な髪型になってしまうことを恐れている方もいることでしょう。

ですが、美容院の技術も進歩してきたため、根本だけや毛先だけなど、さまざまな矯正の仕方ができるようになっています。くせっ毛を直しつつナチュラルショートを作ることは十分可能です。

ソフトモヒカンの作り方と魅力

両サイドの髪の毛を短くしつつ、真ん中の髪の毛を長く残すことでできる髪型です。全体的にくせの強い巻き毛の方でも、一度縮毛矯正をかけてからカットすることで、気軽にソフトモヒカンスタイルにすることができます。

ソフトモヒカンには、スポーティで爽やかなイメージがあります。髪の毛のボリュームを変えることで、ミディアムやナチュラルなどさまざまなバリエーションを楽しむこともできます。美容師さんと相談しながら、自分の体格や頭の形に合ったソフトモヒカンを見つけてみましょう。

前髪のみの縮毛矯正もあります

後頭部や側頭部はストレートヘアなのにもかかわらず、前髪にだけ強いクセがあることに悩んでいる男性の方も見られます。そのような方には、前髪のみの縮毛矯正が効果的です。

髪の毛全体に縮毛矯正を行う前に、前髪だけで試すような方も見られます。不自然な髪型になってしまわないかと不安を持っている方は、テストとして前髪だけ矯正してみるという方法を考えてみましょう。

縮毛矯正をすれば、くせっ毛の男性でもさまざまな髪型を作ることができます。髪型に気をつかうことで外見の印象は大きく変えることができるため、お悩みの男性は縮毛矯正を試してみてはいかがでしょうか。