前髪の縮毛矯正で真っ直ぐすぎてシャキーンとならない王道テクニック

美容室の縮毛矯正で、刃物のような前髪になるなんて…?失敗しないためには、便利なテクニックを使うのがオススメです。

アイロンを使わない縮毛矯正なら前髪も安心!?

縮毛矯正で前髪のクセを取りたい方も多いでしょう。他のパーツより短めで、うねりが目立ってしまうからです。

ところが真っ直ぐになりすぎて、アンバランスになる失敗もよく聞きます。縮毛矯正のプロセスで、2剤の前にアイロンを使って真っ直ぐにする段階があります。

よく分かっている美容師なら、オーダーに合わせてアイロンを使用しないものです。ふんわりと仕上げたいと美容師に伝え、保険として「アイロンは使わないで下さい」と一言添えた方が、失敗しない縮毛矯正ができます。

カーラーを使って前髪の縮毛矯正ができる!?

前髪に縮毛矯正する時の裏テクニックがまだあります。基本的に前髪は縮毛矯正をしてもフワッと仕上げたいので、大きめのカーラーを使って固定することもできます。

アイロンを使用しない他に、カーラーの一番大きなものを使って縮毛矯正をすると、あり得ないほど真っ直ぐになることを予防できます。このテクニックも、できる美容師なら知っていますが、スキルにばらつきがあるため施術前に申し出ておいた方が良いでしょう。

信頼できる美容師なら安心ですが、初めてお願いするとか、不安がある時には「カーラーを使いながら前髪がフワッとするように仕上げて下さい」とハッキリ伝えるのがベストです。

もしもの時にも安心できる!自分でリカバーする前髪の縮毛矯正テクニックをご紹介

以上のように前髪に縮毛矯正するには、美容師にはっきり言わなくてはいけないこともあります。ここからは、もしもの時に活用できるセルフリカバー術をご紹介します。

1.自分でフワッとさせるスタイリング方法

前髪の縮毛矯正をした結果、真っ直ぐになりすぎてしまった…。このような状態になるケースもあります。そこでご自分でリカバーするには、アイロンやカールドライヤーを使って下さい。

カールドライヤーでキレイに丸みが作れるなら簡単です。しかし縮毛矯正が強い場合には、アイロンを使ってキッチリ前髪を挟みながらカーブを描くように動かして下さい。

2.キープするにはこんな方法が!

朝のスタイリングではフワッとした前髪が作れたのに、後で崩れるのはイヤですね。そこで、キープするためのスタイリング剤も活用しましょう。

ハードスプレーで固めるのが一番安定しますが、前髪なのにガチガチなのは不自然です。そこで手くしで直せるスプレーをつけておけば、キープ力の安定もできますし、前髪をいじれない状態に陥りません。

ご紹介したように、もしも前髪の縮毛矯正で失敗してもリカバーできる方法があります。できれば始めから失敗しないように、美容師に希望を伝えられるようにしましょう。