髪は大丈夫?縮毛矯正のダメージってどれぐらい?

くせ毛の人にとっての強い味方である縮毛矯正。しかしながら、髪へのダメージが大きいイメージがある人も多いのはないでしょうか。実際どのくらいのダメージがあるのか、ダメージを抑えるためにはどうしたらよいのか紹介します。

縮毛矯正のダメージはカラーやアイロン以上

縮毛矯正は、美容院の施術の中でも、髪へのダメージが大きいことで知られています。実際にパーマやカラーリング、ヘアアイロンに比べても、ダメージが大きいです。

理由は、くせの強い髪質の場合でもストレートにすることができるように、強力な薬剤を使うことにあります。また、薬剤を付けたあとに熱を加えて髪を伸ばすことも髪が傷む原因です。

縮毛矯正の施術後は、一見、髪が伸びてツヤツヤとして見えます。そのためダメージに気がつかない人も多いですが、髪は確実にダメージを受けているので、きちんとケアしなければなりません。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

名前やイメージから混同されがちなストレートパーマと縮毛矯正。しかし、縮毛矯正のダメージが大きいからと言って、ストレートパーマで済ませようとするのは、あまり効果的ではありません。

ストレートパーマは、薬剤によって髪を伸ばす方法です。どんな髪質でもストレートにできるわけではなく、もともとストレートの髪質の人がパーマを戻す場合や、くせをある程度残してボリュームを抑えたい場合などに向いています。

なりたい髪型にもよりますが、くせが強い人がストレートにする場合は、縮毛矯正の方が効果的です。

縮毛矯正のかけすぎに注意

縮毛矯正をかけた部分は、基本的にずっとストレートを保つことができます。

しかしながら、髪が伸びてくると、新しい部分はもともとの髪質のままです。縮毛矯正をかけてから時間がたつと、根元からうねりやくせが出てきて、髪がまとまらなくなります。そのため、縮毛矯正を繰り返しかける人も多くいます。

あまり髪が伸びていない状態で縮毛矯正をかけてしまうと、すでに矯正がかかった部分にも影響するため、ダメージが蓄積してしまいます。矯正の間隔は、担当の美容師と相談してあらかじめ決めてくとよいでしょう。

トリートメントなどのヘアケアを取り入れよう

縮毛矯正のダメージは、トリートメントなどを行うことでケアすることができます。美容室では縮毛矯正と同時にトリートメントを勧められることも多いです。お金に余裕がある場合は、トリートメントをしてもらうと、ダメージが抑えられます。

また、自宅でも普段からオイルやトリートメントを使ってケアすることが大切です。市販のものでもよいですが、どんなものが効果的なのかわからない場合は、美容師さんに相談してみるとよいでしょう。

縮毛矯正は、ほかの施術よりも髪へのダメージがあります。定期的に縮毛矯正をかける必要がある場合は、普段から髪をケアすることを意識しましょう。また、頻繁にかけすぎないことがポイントです。