縮毛矯正を失敗したときの対策とは?

くせ毛に悩んで、ようやくかけた縮毛矯正、料金も決して安くはありませんが、失敗した・・・という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なかには、薬剤が髪質にあわなかったり、技術面の問題でもあったりする場合もありますが、実際に見てみると週網矯正後のホームケアが間違っていた、ということも多いのです。では、なぜ失敗するのか、またどういう失敗をしてしまったのか、その後の対策はどうしたらいいのか、などを詳しく見てみましょう。

縮毛矯正とストレートパーマって一緒なの?

くせ毛に悩む人は縮毛矯正を行っていますが、サロンのメニューには縮毛矯正ともう一つ、「ストレートパーマ」というのもありますが、実際、縮毛矯正とストレートパーマは何が違うのでしょうか?

ストレートパーマ

ストレートパーマは、本来直毛の人がパーマなどをかけた後に、元の髪質に戻すために行うものです。ですので、クセ毛の人がストレートパーマをかけても、パーマの効果が落ち、時間が経てば再びくせ毛に戻ってしまいます。

縮毛矯正

縮毛矯正は、薬剤と高熱のヘアアイロン(使用しない場合もあり)によって、くせ毛をストレートにするものです。一度縮毛矯正を行った髪の毛は半永久的に真っすぐストレートになりますが、これから生えてくる髪の毛までストレートになるわけではないので、伸びた部分はまた縮毛矯正をかけなければストレートにはなりません。

縮毛矯正に多い失敗

縮毛矯正の技術は年々向上し、技術の高い美容室も今ではたくさんあります。ですが、それでも髪の毛、頭皮への負担はとても大きいので、縮毛矯正を行う方はそのことをよく理解し、行うようにしなければなりません。

なかでも、縮毛矯正をかけて失敗したとききますが、どんな失敗かというと、
・根本が折れた
・ ジリジリ、チリチリ、パサパサになった(ビビリ毛)
・数日たつと一部分がストレートになっていなかった
・切れ毛が多くなった
などがあげられます。

もちろん、薬剤が合わなかったり、技術面の問題、といった場合もありますし、根本が折れたというのは、元々のクセが強くてストレートの部分と新しく生えてきた部分との境目が折れてしまう場合と、施術中に薬剤を根元ギリギリまでつけてしまった場合があります。もちろん、薬剤が合わなかったり、技術面の問題、といった場合もありますし、根本が折れたというのは、元々のクセが強くてストレートの部分と新しく生えてきた部分との境目が折れてしまう場合と、施術中に薬剤を根元ギリギリまでつけてしまった場合があります。

しかし、これらが原因ではなく、自宅に帰ってからのヘアケアが間違っていた場合も意外に少なくないようです。

縮毛矯正後のヘアケアが重要!

美容室で縮毛矯正をかけたとしても、自宅に帰ってから先は美容師さんがついているわけではありませんよね。そこでホームケアが重要となりますが、縮毛矯正後のホームケアで気をつけなければいけないことはどんなことでしょうか?

みなさんも当てはまったことをしていなかったかをチェックしてみてください。

矯正後すぐに髪の毛を結ぶのはNG

縮毛矯正後すぐに、髪の毛を結んだり、帽子を被ったり、耳にかけてしまうと、その形が癖付いてしまいます。しばらくはこのような行為は控えましょう。

縮毛矯正後には弱酸性のシャンプーを使う

縮毛矯正剤には「アルカリ剤」が入っているため、髪の毛がアルカリ状態になっています。吸水性が上がり、膨潤して非常にもろい状態なので、そのダメージを緩和するには、髪の毛を弱酸性に戻してあげなければなりません。ですので、サロンなどで売られている弱酸性のシャンプーを使うことをおすすめします。

髪の毛を濡らしたまま放置する

縮毛矯正に限らず、髪の毛を洗ったあと、濡れたままの状態にしておくことは、髪の毛はもちろん頭皮にもよくありません。せっかくストレートになったにもかかわらず、濡れたままの状態で寝てしまうと、その形の癖が付いてしまいます。

髪に栄養をきちんと補給しましょう

縮毛矯正後は、髪の毛を作るタンパク質などの栄養成分が流出してしまいます。その流失した栄養分を補給してあげなければ、パサパサの髪の毛になってしまうので、きちんと栄養をトリートメントなどで補給しましょう。どんな,ヘアケア剤を使っていいのかわからない場合は、縮毛矯正をかけたときに美容師さんにアドバイスをもらうようにしましょう!

かけ直す期間はどれくらい置いた方がいいの?

以上のようなことに気をつけたとしても、やはり失敗は気になるものです。そこで、週網矯正に失敗してかけなおす場合ですが、すぐにかけ直した方がいいのか、期間をあけたほうがいいのか、悩むところですよね。

すぐにかけ直してしまうと髪の結合がまだ定着してないので、かなりのダメージが出てしまうと思います。ですので、最低でも一週間はあけてあげた方がいいと思いますが、ダメージは多少なりとも出てしまうことは頭に置いておきましょう。

縮毛矯正が人気サロン5選♡

【東京/銀座】BRIGHT

【イチオシメニュー】

BR式縮毛矯正(ナチュラル) 11,000円

●ロング料金有(+1,000円) ●カット・シャンプー別 ●カットなしでご利用できませんのでご了承下さい。 ●処理剤としてトリートメント(2,500円~4,500円)を提案をさせて頂きます

【東京/吉祥寺】TWO WISH

【イチオシメニュー】

☆ダメージ70%減の縮毛矯正☆リレイズ+カット 20,500円⇒19,000円

◆【毛先のナチュラルワンカールがポイント♪】◆今なら『もっとキレイになれる♪』ヘアケアをプレゼント♪◆シャンプー&ブロー込み◆ロング料金なし◆カラーを追加→(+5,000円)  施術時間:210分

【千葉/八幡宿】Pure Room

【イチオシメニュー】

ミネラルピコ矯正+カット21,600円⇒13,824円 

カットとミネラルトリートメント配合のピコ矯正(通常の矯正よりも柔らかく艶やかな髪になります。)従来の矯正よりもより艶やかで柔らかい質感の仕上がりになります。 21,600円⇒13,824円~17,280円(長さにより異なります)

【愛知/栄】hair jurer deux

【イチオシメニュー】

カット+ヒアルロン縮毛矯正+ハーブトリートメント 22,680円⇒16,200円

ヒアルロン酸&アミノ酸配合で潤いと輝きを与え、ナチュラルな仕上がりに♪ハーブトリートメントの組み合わせで魅力的ツヤ美髪に◆ロング料金なし◆ご予約優先制

【大阪/豊中】hair salon cocoa

【イチオシメニュー】

カット+縮毛矯正+adlluraトリートメント 20,520円⇒14,742円

カット+オイル成分たっぷりでしっかりクセ伸をばしでも仕上がり柔らかな縮毛矯正+パーマダメージと匂いを抑えてくれるトリートメント付き。※シャンプー・ブローは追加料金2,160円となります。  施術時間:180分

縮毛矯正・ストレートパーマが得意なヘアサロン特集はコチラ

縮毛矯正・ストレートパーマが得意なヘアサロン特集ページへ
icon-barcharticon-people