【メンズ】男だってくせ毛に悩んでる!縮毛矯正をかける時の注意点

男でもくせ毛に悩むものです。そこで、縮毛矯正という手段が浮かびます。ですが、カッパのようなヘアスタイルになったり、悲惨な目に遭うことも。今回は、メンズが縮毛矯正する上での注意点をご紹介しましょう。

美容師を適当に選ばない

縮毛矯正は美容師の技術次第。成功するかどうかは信頼できる美容師を選ぶことに集約されます。美容師を選ぶ際は、あらゆる角度から情報を集めることが大切です。

例えば、ホームページでスタッフ名を確認し、FacebookやTwitterなどで検索してみるのもよいでしょう。ベテランなのか新人なのかをはじめ、メンズのお客様を担当したことがあるのか、美容師の経歴や実績を把握することができます。その他、男性スタッフが多い美容院でメンズのくせ毛に詳しい美容師を探すのも一つの手です。

メンズならではの悩みを相談

美容師とのカウンセリングの際、メンズならではの失敗しやすいポイントを踏まえて要望を伝えましょう。根元からかけるとボリュームがなくなるので根元から1cm上くらいからかけてもらいたい、あるいは、まっすぐになり過ぎないようにナチュラルにしたいなど。女性と異なりショートヘアが基本なので、髪が短すぎないかどうかも確認しておきましょう。

ただし、事前カウンセリングの不十分なお店もあるので注意。お店が混雑していてゆっくり相談できない場合は美容院を変えるのが無難です。

美容師に頼り過ぎはNG、最低限の配慮を!

美容師が施術をスムーズに行えるように首周りはスッキリした服を着ていきましょう。襟の大きな服などは施術の邪魔になります。また、3~4時間ほどかかるので、美容師をせかさないためにも時間に余裕を持っておきましょう。

その他、雨や風が強い日には避けるようにしたり、寝ぐせをしっかり直しておくなどの最低限の配慮が必要になります。美容師が全てやってくれるからといって頼り過ぎはNG。縮毛矯正が成功する確率を高める姿勢は男女共通です。

半永久的に続くものは慎重に

初めての縮毛矯正は必ずうまくいくとは限りません。メンズなのにやけに髪がサラサラしすぎてしまったり、納得できないこともあるようです。その時、元に戻るまでの時間が長くては生活に支障をきたします。もし、不安が強いなら部分的に施術をしてもらうという方法をおすすめします。顔回りを行ってもらうだけでもくせ毛のコンプレックスがだいぶ和らぐことでしょう。

メンズの縮毛矯正をお断りする美容院もあり、あらかじめ電話で確認しなくてはならないことも。今回紹介した注意点と合わせて頭の片隅に入れておくとよいでしょう。