縮毛矯正当日、お風呂でシャンプーしていいの?

縮毛矯正をかけた当日、お風呂でシャンプーをして良いのか悩んだことはありませんか?今回は、縮毛矯正当日のシャンプーについてご紹介します。

縮毛矯正当日にシャンプーを控える理由とは?

縮毛矯正は、最初に髪に1液(還元剤)を塗布して、元々の髪の繊維の結合を切断し、アイロンなどを使ってくせを伸ばしてストレートの状態にします。その後、2液(酸化剤)を塗布して、切断されていた繊維を再結合させます。

この薬剤の浸透・定着に24~48時間かかると言われているため、縮毛矯正当日はお風呂でシャンプーをするのは避けたほうが無難です。

特に、洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーは髪への影響が大きいと言われていますので、普段から高級アルコール系シャンプーを使っているという方は、縮毛矯正当日のシャンプーは控えたほうが良いでしょう。

縮毛矯正当日のお風呂の入り方

縮毛矯正当日、お風呂に入るときには、髪をアップにして生え際ギリギリにシャワーキャップをかぶると、髪が濡れるのを防ぐことができます。顔を洗っていて髪が濡れてしまったり、万が一シャンプーをしてしまったりしたときには、よく乾かすことが大切です。

髪の水素結合は、濡れると切れ、乾くと結合するため、しっかりとストレートの状態に乾かしておかないと、寝ている間にくせが付いてしまいます。髪を乾かすときには、ドライヤーの温風である程度まで乾かし、最後にブラシでまっすぐにとかすようにすると、摩擦によるダメージを最小限に抑えることができます。

健康な髪は弱酸性ですが、縮毛矯正剤にはアルカリ剤が配合されているため、縮毛矯正直後の髪はアルカリ性に傾いています。摩擦によるダメージを受けやすくなっていますので、濡れている状態の髪をブラッシングしすぎないよう注意しましょう。

縮毛矯正当日にシャンプーをしてしまっても慌てずに

縮毛矯正当日のお風呂でのシャンプーはなるべく控えたほうが良いですが、シャンプーをしてしまったからと言って、くせが全て戻ってしまうというわけではありません。担当スタイリストがストレートになるよう丁寧に施術してくれているはずですので、シャンプーをしてしまったときにも、慌てず、しっかりと髪を乾かしてから寝るようにしましょう。

費用も時間もかかる縮毛矯正。せっかく縮毛矯正をかけたのですから、施術後のホームケアも万全にして、サラサラのストレートヘアを楽しんでいきたいですね!