くせ毛が気になる部分だけの縮毛強制!人気のパーツTOP3

「私のクセ毛はほんの少しの場所なのに、全部縮毛矯正しないといけないの!?」ダメージが気になる人は部分的な縮毛矯正をするのがオススメです。

つむじだけ割れてしまうクセにも縮毛矯正が使える!?

髪の毛には色々なくせがありますが、全部がうねって大変だという人の方が少ないのではないでしょうか?部分だけのクセに悩んでいるなら、全体に縮毛矯正をしてダメージに悩む必要はありません。

例えば、つむじが割れて目立つというクセがある場合、つむじ部分だけ縮毛矯正をすると改善できます。他の部分でクセが気にならないのに、ムリに全体的に縮毛矯正をすることはないでしょう。

部分的な縮毛矯正では、ダメージ軽減だけではなく費用も抑えられます。朝のスタイリングも時間をかけなくて良いのでオススメです。

襟足のクセ毛を撃退できる縮毛矯正がある

襟足にだけクセ毛があるという人もいるでしょう。やはり、他の部分がストレートであれば縮毛矯正で全ての髪にダメージを出すのは気が引けます。

確かに美容師の中には部分ストレートパーマをすすめる人もいますが、縮毛矯正と比べて長持ちしません。3~4ヶ月に1度、ストレートパーマをかけ続けるのでは費用も負担になります。

そこで、気になる襟足の部分にだけ縮毛矯正をかけるのがオススメです。自然なカールを出すことも出来るので、真っ直ぐになりすぎない縮毛矯正を選びましょう。

ダメージを軽減しながら活用できる縮毛矯正のオススメパーツTOP3をご紹介

ご紹介したように縮毛矯正は全体的にしかかけられないものではありません。ここでは、部分縮毛矯正で人気TOP3のパーツをご紹介します。

1.薄毛に見せないつむじの作り方!

つむじが割れると薄毛のように見えてしまいます。「自分では気が付かないけれど、指摘されると恥ずかしい!」という部分です。そこで、つむじに出てしまうクセを直すのに縮毛矯正を使うのがオススメです。つむじだけに施術しておくと、隠すためのスタイリング時間が驚くほど短くなります。

2.襟足がハネて治まらないクセに悩むなら!

襟足のハネはボブスタイルにした時やアップにした時も収まりが悪くて気になります。スタイリングが決まるまでに時間もかかってストレスに感じます。そこで、襟足だけの縮毛矯正をしましょう。ストレートパーマより持ちが良くコストの負担が軽くなります。

3.前髪のうねりが気になるなら自然な縮毛矯正を!

前髪はスタイリングでも気合いの入る部分なので、うねりやハネがあるのは印象も悪くなります。縮毛矯正がオススメですが、真っ直ぐになりすぎても良くないので、自然な仕上がりになるサロンを厳選して下さい。

以上のように縮毛矯正を部分的に使うなら人気のパーツが3つあります。仕上がりの良いサロンを選んで活用しましょう。