縮毛矯正だとミディアムヘアが便利

ロング、ショート、ミディアムと縮毛矯正は、あらゆる長さの髪にかけることができます。なかでもミディアムヘアは縮毛矯正をかける時も、スタイリングも、お手入れも、簡単にできるアスタイルです。

髪の長さによって違う、癖の出方

普通、長い髪よりも短い髪型の方が癖を強く感じます。これは、髪を長く伸ばしていると自重で常に下に引っ張られている状態になっているからです。いわば自然に髪を伸ばしている状態になるので、癖が目立たなくなります。

ですから、髪は短ければ短いほど癖が強くなります。癖毛はロングだと極端には目立たず、ミディアムだとほどほど、ショートだときつくなります。

ミディアムヘアの良いところ

縮毛矯正は、すでに伸びている髪には有効ですが、これから生えてくる髪には効き目がありません。ですから髪が伸びるごとに、癖のある部分と縮毛矯正をしたストレートの部分がはっきりと分かるようになります。

ロングの時にはあまり目立たなかった、伸びてきた癖毛部分がショートにした途端はっきりと分かるようになることもあるのです。

その点、ミディアムだとロングほどではありませんが、はっきりと癖毛が目立つことはないでしょう。それに施術になかかる時間も、ロングよりもずっと短くなります。

ふわりとしたミディアムヘア

少し前の縮毛矯正では、ピンと張った糸のように真っ直ぐなストレートヘアになっていました。特にミディアムヘアの人は、一目見て縮毛矯正をしていることが分かるくらいだったのです。

しかし、今ではふわりとした自然な仕上がりができるようになりました。しかも、美容室によっては自然に内巻きになるようにゆるいカールをつけてくれるので、シャンプー後のブローも楽になります。

手入れもアレンジも簡単

強い薬と熱のせいで、縮毛矯正後の髪はとてもダメージを受けています。ですから、シャンプーの後のトリートメントを欠かすことはできません。ミディアムヘアなら、シャンプーもトリートメントも手早く済ませることができます。

またホットカーラーやヘアアイロンを使って毛先の向きをかえたり、外側へカールをしたりとストレート以外のヘアスタイルへのアレンジも簡単にできます。

部分矯正もできます

今の縮毛矯正は前髪だけとか、真後ろだけなど気になる部分だけにかけることもできます。部分的にかけても、とってつけたようにそこだけストレートになるのではなく、ごく自然に見えるように整えることができるのです。

ただし自然なふわり感を出すには、高い技術力が必要になります。美容室は慎重に選び、事前に疑問点を電話で問い合わせるようにしましましょう。