縮毛矯正、画像を見れば何がわかる?

「縮毛矯正」というのは、文字だけで見ていても、なかなかイメージができないかもしれません。

しかしながら、何の解説もない画像だけを見ても、どんな意味があるのかわかりませんよね。

そこでここでは、「縮毛矯正の画像からわかるもの」についてお話していきましょう。美容院の「ビフォーアフター」「成功例」「こんな感じになりますよ!」という施術写真を見るときの参考になさってください。

縮毛矯正画像を見る際の大前提

縮毛矯正画像を見るときの大前提は、「必ず施術前と施術後の写真の両方が載っている画像を選ぶ」ということです。いわゆる、ビフォーアフター画像ですね。

アフターの画像が載っていたとしても、それと比較するべき画像がなければ、その美容院や施術がどれほどの腕をもっており、どれほど成功したのかがわかりにくいからです。

画像は、

・同じアングルで
・同じ日に
・同じ光度を使い
・同じ表情で

撮ったものを見る、ということを忘れないでください。

ダイエットのビフォーアフター写真でもよくあるのですが、「アフターの写真をキレイに見せよう」とするあまり、光度を変えたり、またアングルを変えたりして写真を撮るケースがあります。これでは公平な視点から判断できません。

何を見る、どこを見る?

さて、ここからは、「写真のどこを見れば良いのか」ということを考えていきましょう。

これは、大きく分けて3つあります。

1.うねり具合

縮毛矯正のなかで、もっとも大切なのはこの点でしょう。施術前にあったうねりがなくなっているか、自然なストレートになっているかを見極めます。

また、施術後のストレートさが、不自然な感じに仕上がっていないかもチェックしてください。

2.傷み

縮毛矯正は、どれほど腕の良い人がやっても必ず髪の毛はダメージを受けます。しかしトリートメントなどを合わせて行うことでそのリスクは最小限にできます。

また、普段の手入れをそれほど熱心にやっていないという人の場合、トリートメントのおかげで、逆に縮毛矯正の後の方がキレイに見えることもあります。この点にもよく注意しておきましょう。

3.髪のフォルム

「うねり具合」とちょっと似ていますが、もう少し複雑なのが、この「髪のフォルム」です。不自然に髪の毛がふわふわと浮いていないか?また、変にのっぺりした雰囲気になっていないか?というところを見ます。横側から撮った写真などがあると、よりわかりやすいですね。

美容院を選ぶ際に、成功写真を見て選ぶ人も多いと思います。そういうときには、ぜひ上で述べたポイントを押さえて画像を見てみてくださいね!