いつも失敗してしまう人必見!市販の縮毛矯正使用時のポイント

「美容室でするより安いし便利だから、市販品の縮毛矯正をやってみたが失敗しちゃった…」という方も多いのでは?ここでは、失敗しない市販の縮毛矯正を使井肩を解説します。

やっぱり美容室には勝てない?市販の縮毛矯正ではコーム使いが大事!!

パーマと同じく、縮毛矯正では1剤と2剤を使いますが、髪の毛に付けた時、コームでしっかり伸ばしていますか?コームを活用すると、まっすぐでキレイな髪の毛が長持ちしやすくなるんです。 必ずコームでとかして、グッと髪の毛を伸ばすすようにしましょう。コームが通りにくい髪の毛のコンディションなら、指でつまみながら、しっかりと伸ばすようにして下さい。

1剤と2剤の間にあることをすると、劇的に仕上がりが変わる!?

市販の縮毛矯正をする時に、1剤を流してからすぐに2剤をつける方は多いのでは?実は1剤を流した後、「髪の毛を乾燥させる」だけで、劇的に仕上がりが変わるんです。さらに、半乾き程度にしてから、ストレートアイロンを使ってください。そうすると、髪の毛の仕上がりがさらに良くなります。

まっすぐになったのを確認できたら、2剤をつけて下さい。(うねりが気になるところは、1剤も2剤も重ねづけをすると効果が高くなります)

最後に、しっかり乾燥させましょう。 くせ毛に一番良くないのは湿気なので、ドライヤーの冷風を通しても冷やっとしないところまで乾燥させます。

市販品の注意点「雨の日には縮毛矯正をしない」

雨の日には湿度も上がって、髪の毛のうねりが強くなります。こんな時に縮毛矯正をしては、湿気が邪魔になって髪の毛もまっすぐにはなりません。普段から、くせ毛で雨の日のスタイリングが大変な方ならなおさら!必ず晴れている日を選ぶようにしましょう。