傷まずキレイをキープ!縮毛矯正に最適な期間とは

数年前より人気スタイルとして定着した、クラシカルな内巻きボブスタイル。スタイリングにはヘアアイロンを使っている方も多いと思います。でも実は、ブラシを使ってブローしたほうが、より簡単でキレイに仕上がるんです。ドライヤーとブラシの二刀流よりも、アイロン1本の方が簡単に感じるかもしれません。

でも、コツさえ押さえれば、ブラシブローにはメリットが多くあります。

ブラシブローは「時短・ふんわり・傷まない」

ブラシブローのメリットは主に3つあります。

1.時短になる

アイロンは温まるまで待たなければいけませんが、ブラシブローなら待ち時間いらず。忙しい朝もすぐにブローが始められます。

2.ふんわりエアリーな仕上がりになる

ヘアアイロンでブローするとツヤは出ますが、トップがつぶれがち。ブラシでブローすると空気を含むので、トップがふんわりとした今っぽい仕上がりになります。

3.髪が傷みにくい

ヘアアイロンの温度は180℃以上にもなりますが、ドライヤーの熱はせいぜい120℃程度です。温度が低いので、髪へのダメージも少なくなります。

ブラシは太めを選んで

ブラシブローを始めるにあたって、まずはブラシ選びです。ブラシは、太めのロールブラシを使います。ロールブラシとは、360度ブラシになっている、丸いブラシのことです。太さは、35ミリ程度が使いやすいと思います。

これは一見、結構太いなと感じるくらいです。よく、美容師さんが太めのブラシを使っていますよね。ブラシが細いと、カクカクと不自然なラインになりやすいので、太い方が自然に仕上がります。

では、いよいよ具体的なプロセスに入っていきます。

まずはハンドブローで毛流れを素直に

まず大切なのが、ブラシを使う前に手で軽くブローすることです。シャワー直後でない限り、髪には多少のうねりやクセがついていますので、根元からしっかりと湿らせて、手の平でざっくり乾かします。このとき、サイドの髪は逆サイドへ、後ろの髪は前に向かって乾かします。

こうすることでトップがふんわりと立ち上がりますし、変なクセがとれて毛先が自然に内に入りやすくなります。毛先だけはねているからといって毛先だけ湿らせてもクセはとれませんので、必ず根元から湿らせてください。

面倒なブロッキングは必要なし!

ブローするときに面倒なのが、髪のブロッキングです。でも、ボブくらいの長さであれば、いちいち細かくブロッキングせずに、表面と奥側の2つに分けるだけでOKです。表面から半分程度の髪をとって、トップでピン止めしておきましょう。

また一度にブローする髪の量ですが、サイドは前・中・後の1/3ずつ、後ろは左右に分けて1/2ずつが目安です。

ブラシは髪の内側に入れて引っ張る

ブローは表面ではなく奥の髪から始めます。奥側の一束を手に取り、ブラシを髪の内側に入れ込みます。片手でやるのが難しい人は、ドライヤーを一度置いて両手を使いましょう。この時、根元にぐっと入れ込むのがコツです。根元に入れ込んだら、ドライヤーの口先とブラシで髪を挟むようにしてぐっと下へ引っ張ります。

最後に手首を内に返せば、表面はツヤツヤ、毛先はくるんとしたカールができあがります。

最後に冷風でツヤ感アップ

ほかの束も同じようにブローしたら、最後にドライヤーを冷風にセットして、全体をほぐすように乾かします。この時、トップから毛先に向かって風を当てるようにします。キューティクルを引き締め、よりツヤを出してくれます。これでブローは終了です。あとは、スプレーやワックスで仕上げましょう。

いかがでしたでしょうか?簡単で髪にも優しいブラシブロー、ぜひ試してみてください。