みんなはどれぐらい?理想的なカラーリングの頻度って?

ヘアカラーリングはもはや一般的になっているおしゃれですが、どのくらいの頻度でチェンジすることが理想的なのか、アンケート結果とあわせて紹介していきます。

現実的には2か月に1度が一般的

カラーチェンジをする時期としては2か月に1度が一番多いと言われています。髪の毛全体をみても長くなってきて、まとまりにくい時期に差し掛かってくるため、ちょうどいいと感じている人が多い様子です。

カラーリングをした髪の毛にはどうしても痛みがついてまわるため、トリートメントを一緒にオーダーして持ちをよくしたいところ。あまり頻繁に髪の色を変えると痛みやすくなるため、リタッチ程度に抑えておいたほうがいいときもあります。

おすすめは1か月半に一度チェンジ

髪の毛は想像以上に日々ダメージを受けているものであり、それによってカラーリング剤は色落ちしています。ドライヤーによる熱風や紫外線による影響を受けて髪色が落ち切るのは大体1か月半とも言われているほど。髪の毛をきれいに保ちたいという人は、できるだけこの時期には染め直しをするようにしましょう。

痛んだ部分だけ補修することのできるカラーリングやトリートメントを使用すれば、お値打ちにすませることもできます。

控え目カラーの人は3か月でもOK

ほんの少ししか染めていない、ダークカラーに染めているという人は髪の毛が受けるダメージが少ないことに加えて、痛みが外にばれにくいもの。3か月でも持ちこたえることができるでしょう。

ただし、毛質は人によって千差万別で繊細な人は痛みが目立ってくるようになります。元気のなさを感じたらサロンに行ってみるようにしましょう。その一方で、忙しくてなかなかヘアサロンに行くことができない、という人はダークカラーにチャレンジしてみることをおすすめします。

ブリーチをしている人は1か月が目安

脱色、ブリーチをして金髪などの明るいカラーにしている人は頻繁にカラーリングする必要があります。毛根だけが黒くなってしまっているいわゆるプリン状態はだらしなく思えてくるため、なんとしても避けたいものです。全体的に染めるのは時間がかかって疲れる、という人はリタッチだけオーダーしてみてもよいでしょう。

カラーリングをした後もアフターフォローは大切。定期的にヘアカラーの染め直しをして美髪を保つ努力をしてみてください。