ヘアスプレーで髪を茶色くするときのコツ

ヘアスプレーは、整髪剤の一種です。霧のような形でかけることができるため、セットした髪の毛に使えます。ヘアスタイルを長く持続させられるということで、愛用している方も多いのではないでしょうか。

さて、このヘアスプレーには、「ヘアカラースプレー」と呼ばれるものもあります。これは読んで字のごとく、髪の毛を染めるために使われるスプレーのことです。美容院などで行うヘアカラーとは違い、1日だけで落とすことができる、というのが大きなメリットです。

「デートのときだけ髪の毛を染めたい」「ダンスなどの発表会のときだけ色を変えたい」「気分によって髪の毛の色を使い分けたい」という方に愛されています。比較的安価であり、手軽にカラーリングできるというのも魅力です。

今回は、このヘアカラースプレーについて見ていきましょう。

髪の毛を茶色にしたい!注意点は?

ヘアスプレーを使って髪の毛を茶色にしたい、という場合、最も重要になってくるのが、「元々の髪の毛の色」です。

ヘアスプレーは、美容院で行うときに使う薬剤のような強い効果は持っていません。そのため、元々の髪の色が黒色、あるいはそれに近いダークカラーだった場合、茶色のヘアスプレーをかけても、それほど変化はありません。

「ほとんど分からないくらいだった」「言われても気づけないくらいの変化だった」という声も多く聞かれます。

逆に言えば、元々の髪の色が、茶色よりも明るい色であった場合は、ヘアスプレーでも十分に効果を発揮します。

「金色に近い髪の毛だけど、少しおとなしい茶色にしたい」というケースではぴったりでしょう。

また、白髪染めとしての効果は絶大です!髪の毛の白さが気になってきた人は、1本持っておくと安心ですね。

実際の使い方

ヘアスプレーは、「全体をいかにしてきちんと染められるか」が鍵です。

まず、洋服を汚さないように、必ずケープやタオルを使います。その上で、頭から15cm程度離してスプレーをかけていきます。前髪や、顔に近いところを染める場合は、タオルなどで顔を覆った方が安全です。

前面からスプレーをしていくのが基本で、後頭部は誰かにやってもらった方がキレイに仕上がるでしょう。

茶色に限らず、ヘアスプレーは色むらがでてしまいがちです。そのため、「全体を均一にする」を心掛けて使っていきましょう。

ヘアスプレーは「今、このときだけ」という使い方ができるので、とても便利です。使うごとに慣れていくので、どんどん染め方も上手になりますよ!