ヘアカラーで失敗したくない!あなたに似合う髪色選びの法則♪

ヘアカラーにチャレンジしてみたい方は必見!自分に似合ったカラーを見つけ出すための法則を紹介します。顔だちをはっきりと見せて魅力的な姿を作り出すことができるでしょう。

肌の色をチェックすることはマスト

髪の毛の色と肌の色の相性を考えて、カラーリング剤を選ぶことが成功の秘訣になります。まずは、自分の肌の色をチェックしてみましょう。

日に焼けると赤くなりやすく、淡い色の洋服が似合う人は白肌と言うことができますます。反対に日に焼けるとすぐに黒くなってしまい、ダークカラーの洋服が似合う人は黄み肌に当てはまります。

一般的に白肌の人はレッド系やアッシュ系の色味、黄み肌の人はイエロー系やダークブラウン系がぴったりです。

瞳の色をチェックして似合うカラーを

肌の色と同様に重視したいのは瞳の色です。髪の毛も瞳も両方ともその人のイメージを決める重要なパーツとなるため、印象は統一しておきたいところ。

一般的に日本人の瞳の色はブラックまたはブラウンが多いといわれています。自分はどちらに当てはまるのかわからない、という人は瞳孔と瞳のコントラストをチェックしてみて。

くっきりとコントラストがわかる人はブラウン、わからない人はブラックに当てはめることができます。ブラックの瞳の人はダーク系のヘアカラー、ブラウンの瞳の人はライト系のヘアカラーが似合うことでしょう。

髪質に合わせたヘアカラーを選ぶ

ヘアカタログを持参して、ヘアサロンでオーダーしたにもかかわらず、仕上がりがイメージと違った…なんていう経験がある人は結構多いもの。その原因は、もしかしたらあなたの髪質によるものかもしれません。

髪質は一人ひとりで大きく異なり、それによってなじみやすいカラーとなじみにくいカラーがあるものです。髪質が堅い人や、太い人はカラーが入っていきにくいため、レッド系などのダークカラーがおすすめ。反対に柔らかく、毛量少な目の人にはライトカラーがよく似合います。

肌色と瞳の色と髪質から総合的に判断

肌の色味から考えるとダークカラーが似合うけれど、瞳の色から考えるとライトカラーが似合うということもあるかと思います。総合的にまとまったイメージにするためには、微調整をしてみるとしっくりくることでしょう。

例えばダークブラウンのなかに少しだけハイライトを入れてみたり、ライトカラーをワントーン落としてみるだけでも、仕上がりは大きく変わってきます。

髪の毛はその人のイメージを大きく左右するため、イメチェンしてみたい人はぜひチャレンジしたいもの。オンリーワンのヘアカラーを探してみてください。