憧れのピンク色の髪の毛にカラーリングしたい!

愛らしい雰囲気を持つピンク色の髪の毛に、憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。今回は、ピンクのカラーリングの特徴や注意点についてお話ししていこうと思います。

ピンクの髪の毛は柔らかい雰囲気、女の子らしい雰囲気を作るのが得意

ピンク色の髪の毛というのは、柔らかくて女性らしい雰囲気を作り出すことができます。キュートなイメージを前面に押し出すことができますし、ドールのようなかわいらしさを作り上げることが可能です。

その使い方は、実にさまざまです。ピンク一色にカラーリングしてボブカットなどを組み合わせて、外国のお人形さんのような雰囲気を作ることもできます。

その一方で、金色にカラーリングした髪の毛にピンク色の毛をメッシュ状態に混ぜる、ということもできます。髪の毛全体にグラデーションを描くように入れても良いですし、髪の毛の先の方にだけピンクでアクセントをつけても良いでしょう。

茶色と混ぜることにより、落ち着いた「甘みのあるブラウン」を作り上げることもできます。

ピンクのカラーリングをする時の注意点

茶色にピンクを混ぜるというような、大人しい形でピンクを取り入れるのならばそれほど気にする必要はありませんが、髪の毛全体をショッキングピンクにするという場合には、注意が必要です。

ピンク色というのは人間本来の髪の毛の色ではないため、下手をするととても人工物めいた感じになってしまうことも…。このため普段自分のしている服装なども、髪の毛に合うものを選ぶ必要が出てきてしまいます。

また、これはピンクに限りませんが、茶色のような色とは違い職場や学校でNG扱いされることもあるため、事前に確認をとっておく必要があります。

それでも鮮やかなピンク色にしたい!という人は?

しかし、それでも「アニメのような鮮やかなピンク色を作りたい!」と考える人もいるでしょう。このような場合はどうしたら良いのでしょうか?

その場合は自毛にこだわらず、ウィッグなどに頼ることを考えましょう。ウィッグならばアニメのように目を引くピンク色などもたくさん用意されていますし、自分の髪の毛を傷ませる危険性もありません。着脱ひとつで、「いつもの髪の毛の色」に戻ることができます。

ピンクのカラーリングをする前には、事前リサーチと「どんな色に仕上げたいか?」ということをよく考えてから行いましょう。